島津質量分析セミナー2019
会期:7月8日(月),名古屋

平素は格別のご高配をたまわり,厚く御礼申し上げます。
このたび,「島津質量分析セミナー2019」を開催させていただきます。
本セミナーでは,GCMSによる材料からの発生ガス分析のご紹介,LCMSによる材料分析へのアプローチをご紹介します。また,昨年末より続いておりますヘリウムガスの世界的な枯渇問題についてヘリウムガス消費量の削減方法や,代替ガスによるGCMSの運用についてご紹介します。ご多忙とは存じますが,ぜひご参加いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

株式会社 島津製作所 分析計測事業部
名古屋支店営業部

◆ 日 時 2019年7月8日(月)13:00~16:00(12:30 受付開始)
◆ 会 場 名古屋国際センタービル3F 第二研修室 会場アクセス
(愛知県名古屋市中村区那古野1-47-1)
◆ 定員 30名(定員になり次第,締め切らさせていただきます)
◆ 参加費 無料
◆ お申込み

参加ご希望の方は「申込書」(PDF 1,108KB) に必要事項をご記入の上,FAXにてお申込みください。
受付後,「参加票」を返送いたします。
お申込締切は2019年7月1日(月)ですが,定員になり次第締め切らせていただきます。

(FAX 052-565-7541,株式会社島津製作所 分析計測事業部 名古屋支店営業部 寺本 宛)

セミナープログラム

受付開始:12時30分

時間 セミナー内容
13:00 - 13:05 開会挨拶
13:05 - 14:00
GC/MSによる高分子材料からの発生ガスと添加物及び不純物解析について

高分子材料からの発生ガス・添加物や異臭分析に関して,新製品である加熱脱着装置(TD)や熱分解装置(Py)とライブラリを組み合わせた最適なシステムを紹介し,簡便で効率的な分析をサポートします。

14:10 - 15:00 代替キャリアガスによるGC-MSの運用について

GC/MS分析におけるヘリウムガス消費量の削減方法と,キャリアガスをヘリウムから窒素・水素に変更した際の注意点をご紹介します。

15:10 - 16:00 LCMSによる材料解析へのアプローチ

パーフルオロ化合物は世界中で広く使用されているフッ素樹脂に含まれていたり,撥水加工などにも広く使われている有機フッ素化合物の一種で,環境ホルモン成分と指摘される報告もあることから国際的な規制対象物質として扱われるようになってきています。本テーマではLC/MSによるパーフルオロ化合物の分析例をご紹介します。また,シート等布製品の品質管理として繊維中有害物質分析例もご紹介します。

16:00 - 閉会

タイムスケジュールは多少前後する場合がございます。予めご了承ください。

ご連絡先 (キャンセル・お客様変更など)

株式会社島津製作所 分析計測事業部 名古屋支店営業部 担当:寺本
(TEL:052-565-7531 / FAX:052-565-7541)

年別一覧

Top of This Page