食品成分抽出・分析セミナー
会期:7月19日(木),仙台

近年,食品や植物から,様々な栄養機能成分や生理活性物質が超臨界流体を用いて抽出され,質量分析法により解析される事例が増えてきました。こうしたストラテジーでは,多成分の同時分析ができるなどの特徴があり,様々かつユニークな食品・植物科学研究の展開に繋がると期待されます。こうした領域に関する「食品成分抽出・分析セミナー in 仙台 2018」を開催します。
 セミナーでは,九州大学 生体防御医学研究所附属トランスオミクス医学研究センター 馬場健史 教授に,本領域に関する最新の研究を講演いただきます。東北大学大学院 超臨界溶媒工学研究センター 大田昌樹 助教からは,超臨界流体による抽出の事例を紹介いただきます。加えて,島津製作所のアプリケーションケミストから新たな質量分析法の技術(イメージング質量分析やGC-MS香気成分分析)についても紹介します。
 この機会に学生の皆さんのみならず,官公庁,企業の研究員の皆さまにも最新の本領域の動向をフォローいただきたく,ご参加をお願い申し上げます。また,実機展示や分析・カラムなどについての相談コーナーの開設も予定しておりますので,この機会が日頃のお悩みをご相談する機会となりますと幸いです。

世話人:東北大学大学院農学研究科
    教授 仲川清隆,教授 藤井智幸

共催:東北大学大学院農学研究科
   東北大学大学院工学研究科附属超臨界溶媒工学研究センター
   (一財)青葉工学振興会・持続工学研究会

 

事務局:株式会社島津製作所

◆ 日 時 2018年7月19日(木)14:00~18:30 (受付・開場 13:30から)
◆ 会 場 東北大学大学院農学研究科 青葉山コモンズ1F 会場アクセス ※セミナー当日は公共の交通機関をご利用ください。
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
◆ 定 員
50名(※定員になり次第,締め切らせていただきます。)
◆ 参加費
無料
◆ お申込み

参加ご希望の方は「参加申込書」(PDF 449KB) に必要事項をご記入の上,FAXにて事務局へお申込みください。

(FAX:022-261-9013,株式会社 島津製作所 東北支店 石堂 宛)
◆ プログラム

セミナーでは,講演とともに,各種前処理装置や分析機器の展示,分析相談会も行います。
休憩時間などにご見学ください。

プログラム

時間 内容
14:00 - 15:00

『食品分野における超臨界流体を用いた成分分析の応用事例』

演者 九州大学生体防御医学研究所附属トランスオミクス医学研究センター
   馬場建史 教授
座長 東北大学大学院農学研究科
   仲川清隆 教授

15:05 - 15:15 休憩
15:15 - 16:15

『超臨界流体を用いた食品成分抽出の応用事例』

演者 東北大学大学院工学研究科附属超臨界溶媒工学研究センター
   大田昌樹 助教 猪股宏 教授
座長 東北大学大学院農学研究科
   藤井智幸 教授

16:20 - 16:30 休憩
16:30 - 17:10

『イメージング質量分析計による食品成分分析について』

演者 当社 技術者
座長 東北大学大学院工学研究科附属超臨界溶媒工学研究センター
   渡邉賢 教授

17:10 - 17:20 休憩
17:20 - 18:00

『GCMSを用いた香気成分の分析事例』

演者 当社 技術者
座長 東北大学大学院工学研究科附属超臨界溶媒工学研究センター
   渡邉賢 教授

18:00 - 18:30 質疑応答・分析相談会
終わりに 東北大学大学院農学研究科 阿部敬悦 教授

ご連絡先(キャンセル・お客様変更など)

株式会社 島津製作所 東北支店 担当:食品成分抽出・分析セミナー in 仙台 2018 事務局 石堂
(TEL:022-221-6231 / FAX:022-261-9013)

年別一覧

Top of This Page