第17回日本再生医療学会総会 会期:3月21日(水)~23日(金),横浜

島津製作所は、総合分析機器メーカーとして、さまざまな特長あるデータを提供することで細胞研究・細胞製造を支援し、再生医療の産業化を加速していきます。
本大会では、各種ソリューションを取り揃えて展示し、皆様をお待ちしております。
是非お気軽にお立ち寄りください。

出展概要

開催日時 2018 年3月21日(水)~ 23日(金)
会場 パシフィコ横浜
出展小間 会議センター3F 30 番
 

ランチョンセミナーのご案内

開催日時 2018 年3月22日(木)12:10 ~ 13:00
会場 パシフィコ横浜 会議センター 第10 会場
演者 先端医療振興財団  川真田 伸 先生
タイトル 細胞の計測技術が拓く細胞治療と次世代細胞製造プロセス

当社製品関連の発表

日時 2018 年3月21日(水)14:00 ~ 15:00
会場 第1会場(パシフィコ横浜1Fメインホール)
セッション 多能性幹細胞(イメージング・分離)
O-02-3 深層学習を用いたiPS 細胞未分化領域認識のためのセグメンテーション技術の開発
演者:高橋 渉 / 株式会社島津製作所 基盤技術研究所 AI ソリューションユニット
O-02-4 In-line Holographic Microscopy画像のテクスチャ情報を用いたiPS細胞未分化領域判定技術の開発
演者:赤澤 礼子 / 株式会社島津製作所 基盤技術研究所 AIソリューションユニット
 
日時 2018 年3月21日(水)17:10 ~ 18:10
会場 ポスター会場(パシフィコ横浜3F)
セッション iPS 細胞(初期化・維持)
ポスター 走査型プローブ顕微鏡を用いたヒトiPS 細胞の細胞粘弾性解析
慈恵医科大学再生医学研究部 原 央子先生 より ご発表頂きます

主な出展製品

細胞培養支援装置
CELL PICKER

細胞培養における細胞のメンテナンス作業をサポート

たとえば,iPS細胞の未分化維持培養では,細胞が意図せず未分化状態を逸脱してしまうことがあります。このような未分化逸脱細胞は,他の細胞に影響を与えるため,通常は培養者がピペッタなどを用いて吸引除去しています。この除去作業は,非常に繊細な作業であるため,作業者の技量によって,除去範囲や作業時間などにバラつきが生じています。
CELL PICKERは,細胞除去作業を半自動化することで,作業の効率や再現性を高め,細胞培養の安定性向上に寄与します。

製品紹介ページへ


細胞培地分析プラットフォーム
C2MAPシステム

動物細胞培養における基礎研究からプロセス開発に利用できる
新しい細胞培地分析プラットフォーム


C2MAPシステム™は,培養経過に伴う培養上清の成分変化をLC/MS/MSで測定するためのシステムで,多能性幹細胞(iPS細胞やES細胞),間葉系幹細胞,抗体医薬産生細胞などの細胞培養の基礎研究からスケールアップ検討,実プロセス開発など幅広い用途に利用できます。

製品紹介ページへ


細胞培養解析装置
CultureScanner CS-1

細胞を正しく作る、を管理する第一歩


CultureScanner CS-1 は、細胞製造工程における細胞の光学情報を記録・蓄積し、そのデータをもとに製造工程の確認を行うことを目的としています。将来的に、様々な他の工程管理情報と統合・管理することで、細胞製品としての品質を担保することを目指します。

製品紹介ページへ


三次元回転浮遊培養システム
CELLFLOAT

iPS/ES 細胞の未分化維持培養省力化を実現


CellPet 3D-iPSとCellPet FTを組み合わせた培養システムであるCELLFLOATシステム(ジェイテックコーポレーション)は、iPS/ES 細胞の継代作業を含む未分化維持培養の省力化を実現する新しい三次元回転浮遊培養システムです。

製品紹介ページへ

年別一覧

Top of This Page