島津 フードセーフティフォーラム 2017
会期:8月3日(木),東京

食の安全に関する話題は社会生活における大きな関心事となっており,食品の成分表示,規制への対応,安全性確認のための自主検査など,食品分析のニーズは多様化すると共に,高い精度が求められています。島津製作所は,分析技術の向上と,価値ある情報の提供により,食の安全に関わる分析のトータルサポートを目指しています。
本フォーラムでは,食情報発信サイトFOOCOM.NETの運営,ライター,食品表示関連の委員など多方面でご活躍される消費生活コンサルタントの森田満樹様,公益・収益の両面の事業を手がけ,残留農薬分析をはじめ高い技術を有される一般財団法人雑賀技術研究所様他をお招きし,食の安全に関わる社会環境や先進的な取り組み,目下の課題などについてご講演いただきます。また,当社からは残留農薬やカビ毒などの危害リスク成分の分析,異物や異臭の解析などの技術を「皆様の業務の効率化に向けて」を今回テーマに掲げ紹介をさせていただきます。
ご多忙とは存じますが,ぜひご参加いただけますようどうぞよろしくお願いいたします。

株式会社島津製作所 分析計測事業部

◆ 日 時 2017年8月3日(木)10:30~17:00 (受付開始: 10:00)
◆ 会 場 株式会社島津製作所 東京支社 2階イベントホール 会場アクセス
(東京都千代田区神田錦町1-3)
◆ 定 員 80名(※定員になり次第,締め切らせていただきます。)
◆ 参加費 無料
◆ お申し込み

おかげさまで定員となり,申込受付を終了しました。

プログラム

時間 セミナー内容
10:30 - 10:40 ご挨拶
10:40 - 11:30 基調講演 食品衛生に不寛容化する社会と食品産業の関わりについて
科学的根拠に基づく食情報を発信するFOOCOM.NETの運営,ライター,JAS/消費者庁食品表示関連の委員の歴任など多方面で活躍をされる消費生活コンサルタントの森田様をお招きし,食品衛生に関わるトラブルに対する社会の不寛容化の傾向など,昨今の食品産業界を取り巻く環境と,リスクコミュニケーションについて,実際の事例とともにご講演をいただきます。

一般社団法人FOOD COMMUNICATION COMPASS 森田 満樹 様

11:30 - 12:20 FTIRとEDXによる異物解析
異物の解析に用いられるフーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)とエネルギー分散型蛍光X線分析装置(EDX)の原理,特長,オプションツール,解析事例,注意点などを紹介いたします。

当社 技術者

12:20 - 13:15 休憩(軽食をご用意しております)
13:15 - 14:05 招待講演 ビデオで納得 残留農薬分析前処理の3ステップ
GC/MS・LC/MSによる分析に必要な前処理を3ステップ(①粉砕:凍結粉砕→②抽出:QuEChERS→③精製:固相を用いた全自動前処理装置)で簡単に行うSTQ法を動画を交えて解説いただきます。

株式会社アイスティサイエンス 船倉 洋 様

14:05 - 14:55 食品分析のトータルソリューションを提供する次世代GC/MSシステムの紹介
残留農薬,異臭,異物・有害成分分析など,1台の装置で多目的な用途の分析を迅速かつ簡便に実施可能とする次世代のGC/MSを紹介いたします。

当社 技術者

14:55 - 15:20 コーヒーブレイク
15:20 - 16:10 招待講演 一般財団法人雑賀技術研究所における食の安心・安全への取り組み
雑賀技術研究所様は,食品中残留農薬の「多成分一斉分析サービス」を国内で先駆けて開始されたことに代表される独自の技術とサービスにより,公益・収益事業の両面から食の安全・安心に寄与されておられます。本講演では,残留農薬分析に関する取り組みを中心にお話をいただきます。

一般財団法人雑賀技術研究所 稲垣 江梨 様

16:10 - 17:00 LC/MSを用いた各種有害物質の多成分一斉分析ソリューションの紹介
世界最高レベルの感度と高速性能を兼ね備えたLC/MS/MS,Ready to Useの分析メソッドを提供するデータベースを用いた残留農薬やカビ毒の分析事例,分析ノウハウなどを紹介いたします。

当社 技術者

※タイムスケジュールは多少前後する場合がございます。予めご了承ください。

◆ プログラム補足資料 - 皆様の業務の効率化に向けて

本フォーラムでは,「皆様の業務の効率化に向けて」をテーマに掲げ,分析条件検討,サンプル前処理,データ解析などの作業の省力化,また,限られたリソースの有効活用といった,業務の効率化のサポートを目指した当社の取り組みを紹介します。

ご連絡先 (キャンセル・お客様変更など)

株式会社島津製作所 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 中村雅子
(TEL:03-3219-5609 / FAX:03-3219-5557)

年別一覧

Top of This Page