サイエンスエキスポ2016
会期:12月6日(火)~8日(木),大阪

サイエンスエキスポ2016

未来を創造する最先端ソリューション

近年の著しい環境変化の中で,健康や安心・安全への関心が日々高まっています。そのような中,当社は,新エネルギー・新材料などの分野に注力しており,各分野・産業の研究開発から品質管理のための分析計測機器を,ご提供しています。
さまざまなニーズにお応えする製品およびアプリケーションを展示いたします。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

会期
2016年12月6日(火)~8日(木)
10:00~17:00
会場
グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)
3階イベントホール
島津ブース No.B-33
島津理化ブース No.B-34
主催者WEBサイト

出展予定製品

PCレスラボを実現し,
オペレーターをラボから開放
新たな領域を切り拓く
超高感度トリプル四重極型GCMS
Accelerating Reliable Performance
ICP質量分析計 ICPMS-2030
ICP質量分析計
ICPMS-2030

業界初の分析メソッドの開発アシスタント,
診断アシスタント機能を搭載。
※2016年2月当社調べ
ついに不良解析は,
自動で行う時代へ
高速応答,高安定性を実現
分析天びんの新たなステージへ
『安心』の,さらなる進化。
紫外可視分光光度計 UV-1850
紫外可視分光光度計
UV-1850
保存画像とライブ画像を同時に表示。
2画面を比較することが可能。
PCレスで画面表示と画像撮影
(約500万画素)が可能。

セミナー

12/6(火)15:30~16:20 1009会議室 LC/MS,SFC/MSを用いた食品分野における最新分析ソリューションのご紹介
12/7(水)13:00~13:50 1009会議室 干渉に関する考え方とその補正方法 ~ICP-MS定量分析における信頼性の向上~
12/8(木)14:00~14:35 1008会議室 Data Integrity (データの完全性)への対応のポイント
12/8(木)15:4016:30 1009会議室 FTIR・赤外顕微鏡による異物/不良解析 ~自動不良解析システムの活用~

サイエンスエキスポ2016 島津ブース案内

グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場) 3階イベントホール
島津ブース No.B-33, 島津理化ブース No.B-34

サイエンスエキスポ2016 島津ブース案内

年別一覧

Top of This Page