第6回NU-Brainシンポジウム平成27年度 日本大学学部連携研究推進シンポジウム(光脳機能イメージングの研究開発および臨床応用に関するシンポジウム)会期:2月27日(土),東京

 近年,近赤外線分光法を利用した光脳機能イメージング装置を用いた研究が盛んに行われ,非侵襲な脳機能計測の有力な方法の一つとして普及してきています。一方,信号の処理方法や得られた結果の解釈が完全に確立されていないなどの問題も あり,この技術の確立には学際的な研究活動が必要となっています。また,最近では,脳内の神経活動を計測し,その計測された信号によって機械を操作する Brain-Computer Interface (BCI)技術が提案されており,障害者の支援やリハビリテーションへの応用が可能となる新しい技術として注目を集めています。
日本大学では複数の学部や他大学の研究者が連携して,近赤外線分光法を利用した脳機能計測と臨床応用に関する研究を実施してきました。また,活動の成果を 公表すると同時に,近赤外線分光法を利用した脳機能計測に関心の高い研究者間の情報交換の場と研究協力促進の機会を提供することを目的として, NU-Brainシンポジウムを2011年より毎年開催して参りました。本年度は,日本大学学部連携研究推進シンポジウムとして第6回NU-Brainシ ンポジウムを開催いたします。この分野に関心ある研究者,技術者,学生など多くの方の参加をお待ちしております。

第6回NU-Brainシンポジウム
平成27年度 日本大学学部連携研究推進シンポジウム
(光脳機能イメージングの研究開発および臨床応用に関するシンポジウム)

日 程 2016年2月27日(土) 13:00~
会 場 島津製作所東京支社イベントホール
会場アクセス東京都千代田区神田錦町1丁目3
参加費 無料
お申込み 申込受付を終了しました。
主催 第6回NU-Brain 組織委員会
 委員長 綱島 均(日本大学生産工学部)
 委員  酒谷 薫(日本大学工学部)
 委員  中村 英夫(日本大学理工学部)
 委員  泉澤 恵(日本大学薬学部)
 委員  成田 奈緒子(文教大学)
第6回NU-Brain 実行委員会
 委員長 栁澤 一機(日本大学生産工学部)
 委員  岩館 雅子(日本大学生産工学部)
 委員  高橋 聖(日本大学理工学部)
 委員  齊藤 健(日本大学理工学部)
 委員  井上 正雄(島津製作所)
 委員  山口 由衣(島津製作所)

プログラム

13:00~13:10 開会の挨拶  日本大学生産工学部 綱島均
13:10~14:00 特別講演 1
  1. 「いまさら聞けないNIRSでの脳血流計測」
    小栗宏次(愛知県立大学情報科学部)
14:00~15:00 一般講演 2
  1. 「時間分解近赤外スペクトロスコピー(tNIRS)による認知機能評価法の研究開発」
    酒谷薫(日本大学工学部 次世代工学技術研究センター)
  2. 「「自動車運転中の脳活動と姿勢変動の影響」 」
    高橋聖(日本大学理工学部)
  3. 「機械学習を用いたASD診断補助指標の開発」
    栁澤一機,綱島均(日本大学生産工学部)
15:00~15:10 休憩
15:10~16:30 ポスター発表
  1. 「豆つかみゲーム施行時の前頭前野機能測定と認知機能訓練への応用の可能性」
        山内美帆1),苅田千里1),関川香穂1),長谷川涼1),形山育1),佐藤亜珠1),羽入田遼1),森遥香1),新村剛2), 栁澤一機3),綱島均3),成田奈緒子1)
    1)文教大学 教育学部,2)フジッコ株式会社,3)日本大学生産工学部 )
  2. 「視覚刺激呈示時の脳活動計測における嗜好性評価に関する研究」
        小西賢太郎,冨澤友貴,村下直樹,栁澤一機,綱島均(日本大学生産工学部)
  3. 「小型NIRS-BCIのための脳活動の識別に関する研究」
        下瀬あかり,奥村壮太,栁澤一機,綱島均(日本大学生産工学部
  4. 「静止画観察時のアイトラッキングと脳機能計測」
        井上正雄,山口由衣(島津製作所)
  5. 「朝食摂取の有無によるfNIRS前頭葉脳血流動態への影響」
        安部聡子、下司映一(昭和大学保健医療学部)
  6. 「fNIRSによる炭酸水摂取後の脳血流応答計測」
        丸山弘明1)2),荒木茂樹1),小島英敏1),中村剛1),坂井信之2)
    (1)サッポロビール株式会社 価値創造フロンティア研究所,2)東北大学大学院文学研究科 )
  7. 「EEGを用いた脳損傷患者の集中力推定に対する基礎的検討」
        陳佳駿,斎藤健(日本大学理工学部)
  8. 「EEGを用いた双腕ロボットの制御に向けた基礎的検討」
        鈴木駿弥,斎藤健(日本大学理工学部)
  9. 「クロスパワースペクトルを用いた個人特性を考慮したSSVEP‐BMIシステムによる外部機器操作」
        木下知奈美,日和悟,廣安知之(同志社大学生命科学部)
  10. 「Kanizsa Figure錯視時におけるfNIRSによる脳機能の検討」
        尾花 遼汰,蜂須賀啓介,奥野英一,廣安知之(同志社大学生命科学部)
  11. 「呼吸法のテンポが血行動態に及ぼす影響」
        岩館雅子,栁澤一機,綱島均(日本大学生産工学部)
  12. 「軽運動の導入と語彙学習効果の確認を目的としたシリアスゲームの試作」
        鈴木雄次郎,江袋天亮,小林篤史,粟飯原萌,野村勇太,古市昌一(日本大学生産工学部)
16:30~17:20 特別講演 2
「マルチモダルイメージングによる脳科学の推進」
渡辺 恭良(国立研究開発法人理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター)
17:20~17:30 閉会のあいさつ
18:00~20:00 懇親会

ご連絡先  (キャンセル・お客様変更など)
第6回NU-Brain 実行委員会 山口由衣(島津製作所)
(TEL:03-3219-5791 / FAX:03-3219-5557)

年別一覧

Top of This Page