島津 バイオ医薬セミナー 2015バイオ医薬・抗体医薬品分析の技術はここまで進歩した! 会期:5月26日(火)東京

~凝集体,ポリソルベート分析,血中濃度測定および培地分析を中心とした最新情報のご紹介~

 バイオ医薬品とくに抗体医薬品の開発および製造において,凝集体の解析や添加剤となるポリソルベートの評価が課題となっております。また血中濃度測定や培地分析などについても新しい手法が見出されております。 本セミナーでは本分野の第一線でご研究されている先生方より,最新分析解析手法や業務への応用事例などをご紹介いただきます。また弊社からバイオ医薬品分析に関する最新の分析装置,アプリケーションならびに関連消耗品をご紹介いたします。ご出席いただく皆様との有意義な意見交換の場となるものと期待しております。
 ご多忙とは存じますが,皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

島津製作所 分析計測事業部

日   時 2015年5月26日 (火) 13:00~ 申込受付を終了しました。
会   場 ベルサール神田 3F Room 3+4
(東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル 会場アクセス
定   員 50名
参 加 費 無料
お申込み 上記のお申込みフォームを利用してお申込みください。受付後,折り返しFAXにて,受付票をお送りいたします。

セミナープログラム  (12:30より受付開始)

時間 セミナー内容

13:00

ご挨拶

13:05~13:55

招待講演(1)
バイオ医薬品/バイオシミラーの開発研究における留意点

株式会社TKYクリエイト 吉森 孝行 先生(元 中外製薬(株))

13:55~14:45

招待講演(2)
定量レーザ回折(qLD)法によるバイオ医薬品のSubvisible Particles
凝集体分析

(大阪大学大学院 工学研究科 内山 進 先生)

14:45~15:00

カラムスイッチング技術を利用した抗体医薬品中ポリソルベート80の分析

(当社 技術者)

15:00~15:05

展示品のご紹介

15:05~15:30

コーヒーブレイク,展示品見学

15:30~16:00

招待講演(3)
抗体医薬品の血中分析法について

静岡県立大学 薬学部 轟木 堅一郎 先生

16:00~16:15

LC/MS/MSメソッドパッケージ 細胞培養プロファイリングのご紹介

(当社 技術者)

16:15~16:45

MALDI-TOF MS/LCMSを用いた糖タンパク質分析の最新アプリケーションのご紹介

(当社 技術者)

16:45~17:00

質疑応答 閉会

 

閉会後 情報交換会を予定しております(17:00~18:30)。
事前にお申し込みいただいた方のみのご参加とさせていただきます。

内容が一部変更になる可能性もあります,ご了承下さい。

展示装置

ご連絡先  (キャンセル・お客様変更など)
島津製作所 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 中村
(TEL:03-3219-5609 / FAX:03-3219-5557)

年別一覧

Top of This Page