アジア環境化学国際会議(ICAEC 2014) 会期:11月24日(月)~26日(水) タイ王国バンコク

当社は,2014年11月24日~26日までタイ王国バンコクで開催されるアジア環境化学国際会議(ICAEC 2014)に出展します。
ICAEC 2014は、(社)日本環境化学会が主催する環境化学討論会の国際環境シンポジウムとして位置づけられ,今回は微量汚染物質による東南アジアの環境汚染 が大きなテーマの一つに取り上げられています。
当社はここでUFMSによる環境保全ソリューションをご紹介するとともに,当社が継続支援している国連大学の環境プロジェクトの現在のテーマであるアジアにおける残留性有機汚染物質(POPs)のモニタニングにかかわる LC-MS/MSを用いた分析手法を紹介します。
(参加には別途学会登録が必要です)

会期: 2014年11月24日(月)~26日(水)
場所: チュラボーン研究所 コンベンションセンター(タイ・バンコク)
ICAEC2014 website 公式サイト


島津小間ご案内 (コンベンションセンター2階)

 トリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計
   GCMS-TQ8040

トリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計 GCMS-TQ8040

 超高速トリプル四重極型LC/MS/MS
   LCMS-8050

島津関連発表



 Oral Presentation Monday, November 24, 10:15 -12:00 h | Meeting Room C 

 C 1-1-4


Advantages of GC/MS/MS Analysis for PCBs, PBDEs and PAHs
Haruhiko Miyagawa, Shimadzu Corporation, Japan
 UNU (United Nations University) Session Tuesday, November 25, 10:30 -11:30 h and 14:00 -15:00 h | Meeting Room D

Supporting the Environmental and Sustainable Development Program of the United Nations University (UNU)
The United Nations University (UNU) has implemented a project "Environmental Monitoring and Analysis in the East Asian Region-Technology Transfer and Environmental Governance“ since 1996. Shimadzu has been supporting this capacity-building project for global environmental monitoring of chemical pollutants. Now the sixth three-year phase of this project focuses on monitoring PFCs (Perfluorochemicals) in Asian countries.

Monitoring and Management of POPs in Asia

Presentation in UNU session


Analytical method for Perfluorooctanesulfonate (PFOS) and Perfluorooctanoate (PFOA) in surface water using LC/MS/MS
Satoshi YAMAKI, Shimadzu Corporation, Japan

年別一覧

Top of This Page