第32回 マイクロアナリシス研究懇談会会期:11月13日(木)~14日(金) 大阪

定期的に開催してご好評をいただいております「マイクロアナリシス研究懇談会」もおかげさまで第32回を迎え,今年は平成26年11月13日(木)~14日(金)に大阪にて開催することになりました。これもひとえにお客様のあたたかいご支援ご指導の賜ものと感謝いたしております。
本会は島津EPMA,SEMをご使用の方々の研究成果を発表いただき,お客様相互の交流と当社技術担当者との意見交換などを含め,マイクロアナリシスに関する情報交換の場として,有意義な研究会に致したく,ふるってご参加いただきますよう,よろしくお願い申し上げます。

会   期 平成26年11月13日(木)~14日(金)
      1日目 13:00~17:30(講演会)
        17:30~(親睦会)
      2日目 10:00~14:30
会   場 [講演会]
(株)島津製作所 関西支社マルチホール 阪急ターミナルビル14 階
大阪市北区芝田1 丁目1-4 TEL 06-6373-6682
 会場アクセス
[懇親会]  
阪急ターミナルスクエア 17F「ふじの間」 会場サイト
お申込み 申込受付を終了しました。
参加対象者 島津電子線マイクロアナライザ,島津走査電子顕微鏡をご使用の方
お申込先 〒259-1304 神奈川県秦野市堀山下380-1 (島津製作所 秦野工場内)
(株)島津テクノリサーチ 懇親会担当宛
TEL 0463-88-8680 FAX 0463-88-8686
申込締切 平成26年11月7日(金)
定   員 60名
参 加 費 無料
その他 旅費は各自ご負担ください。

 プログラム

時間 11月13日(木) 講演内容 (13:00~)

13:00~13:10

開会挨拶

13:10~13:30

相解析による構造解析

13:35~13:55

コンクリートが接する岩盤表層部を対象としたEPMAによる分析事例

14:00~14:30

2元系合金状態図探索におけるEPMAの活用法

14:35~14:55

温度差を必要としない新規熱-電力変換材料の開発

15:00~15:25

コーヒーブレイク

15:25~15:45

集束イオンビーム加工装置を用いたマイクロX線CTサンプル作成法の開発と鉱物中の包有物への応用

15:50~16:10

Quanta200FEGを用いた材料の損傷評価

16:15~16:45

新型EPMAのご紹介

17:30~

懇親会

時間 11月14日(金) 講演内容 (10:00~)

10:00~10:20

ICPによる定量分析とEPMAによるマッピング

10:25~10:45

EPMAによるマルチフェロイック薄膜と窒化物半導体の評価

10:50~11:20

EPMA分析等によるステンレス製ロストルの破損解析事例

11:25~11:55

磁場勾配核磁気共鳴法・動的光散乱法に低真空走査型電子顕微鏡手法を適合した液中ナノ材料の詳細特性評価

12:00~13:00

昼食

13:00~13:30

ゼオライト膜や分子ふるい炭素膜などの高効率分離膜の微細構造解析

13:35~13:55

収斂法を用いたライン定量分析の検討

14:00~14:30

浸炭処理材の炭素濃度分布測定事例

14:35~

閉会挨拶

※セミナー内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

年別一覧

Top of This Page