引張試験と硬さ計測における評価方法と規格改正の動向 会期:11月19日(水),郡山

本セミナーは,(公財)福島県産業振興センター殿主催にて,試験装置の原理と解析方法,それらを利用した品質管理などを幅広く学ぶセミナーです。
当社技術者ほか講師陣によるセミナーと,セミナーで紹介する機器の展示,デモ測定も合わせて行います。

主催 (公財)福島県産業振興センター
共催  福島県ハイテクプラザ

開催日時 2014年11月19日(水)9:30~15:10
会   場 福島県ハイテクプラザ 多目的ホール
(郡山市待池台1-12 会場アクセス
参 加 費 無料
定   員 40名様
お申込み 申込受付を終了しました。
   

 プログラム

時間 セミナー内容

9:30~

ご挨拶

9:40~10:40

「引張試験のJISやISOの改正における動向」

金属・プラスチックでJIS,ISO規格の内容が大きく変ってきています。自動車業界を中心にISO17025試験所認定取得が求められることもあり,製品出荷に伴う試験方法に対する理解の深さを審査官から問われるケースも増えてきています。一層試験規格に対する理解と対応が要求されており,セミナーでは,試験規格対応のポイントと対応方法についてご紹介します。

講師:島津製作所 技術者

11:00~11:50

「引張試験における基礎」

試験機の原理,強度試験をする上で使う基本的な言葉の説明や使用するにあたっての注意点などをご紹介します。

講師:島津製作所 技術者

13:00~14:00

「硬さ基準片と新しい試験法」

工業製品の品質管理に欠かせない硬さ試験は,日常の試験機のチェックが最も重要になります。 試験機の日常点検:間接検証に用いるJIS・ISO準拠「高精度硬さ基準片」と,その研究から生まれた2つの 「新しい硬さ試験方法」の概要を紹介します。

講師:(株)山本科学工具研究所 殿

14:20~15:10

「マイクロビッカース硬度とマルテンス硬度の評価と測定にあたっての注意点」

硬さは測定値のばらつきが生じやすい評価手法ですが,ばらつきを軽減させる対応方法についてマイクロビッカース硬さを事例にご紹介します。従来の硬さ試験法では測定できない程,小さく薄いサンプルを試験する方法もご覧いただけるので,是非ご参加ください。

講師:島津製作所 技術者

出展装置
引張試験機(AG-X)、引張試験用治具,マイクロビッカース硬度計(HMV-G FA)、ダイナミック超微小硬度試験+微小圧縮試験装置(DUH+MCT複合機),硬さ基準片各種

ご連絡先  (キャンセル・お客様変更など)
(公財)福島県産業振興センター技術支援部(テクノ・コム) 竹内 殿
(TEL:024-959-1929 / FAX:024-959-1889)

年別一覧

Top of This Page