島津 高分子材料物性解析セミナー 会期:7月18日(金),岩国

このたびゴム,プラスチック,フィルムなどの高分子材料を対象とした物性解析セミナーを開催することと致しましたのでご案内申し上げます。
様々な機能性材料の開発や用途開拓に大きく貢献している高分子材料。その開発には多面的な計測と解析技術が必要とされています。本セミナーでは,高分子材料に関する力学的特性,熱的特性,粒子的特性といった各種評価手法ならびに最新の測定事例をご紹介させていただきます。
ご多忙中と存じますが,ぜひご参加賜りますようお願い申し上げます。

主催:株式会社島津製作所

開催日時 2014年7月18日(金) 13:00~16:30
会   場 岩国市民会館 B1F  会場アクセス
山口県岩国市山手町一丁目15-3
定   員 30名 (定員になり次第,お申し込みを締め切らせていただきます)
参 加 費 無料
お申込み 申込用紙 (PDF 133kB) に必要事項をご記入のうえ,FAXにてお申込ください。
(FAX 082-243-1975,島津製作所 広島支店 田村 宛)。 折り返し受付票を返送いたします。

セミナープログラム

時間 セミナー内容

12:40~

開場・受付開始

13:00~13:10

開会挨拶

13:10~14:10

『最新の高分子材料・電子材料の熱分析』

融解,結晶化,ガラス転移,分解,膨張,収縮などの変化を測定することにより,材料の寿命や加工性,耐熱性等の評価に応用することが可能です。従来より,ゴム,高分子分野で広く使用されております。本セミナーでは代表的な手法の紹介とその応用例を紹介いたします。

講師:(株)島津製作所GADC物性グループ担当者

14:20~15:20

『プラスチック改定規格への対応・リチウムイオン電池の評価アプリケーション』

プラスチックの強度試験規格ISO527(引張),ISO178(曲げ)が改定されました。本セミナーでは,大きく改定のあった規格の変更点およびそれに対する対応について紹介いたします。 リチウムイオン電池は様々な製品に使用される一方で高い安全性が求められます。材料から電池まで安全性・耐久性の評価を強度試験の観点から実施されている事例を紹介します。

講師:(株)島津製作所GADC物性グループ担当者

15:30~16:30

『微粒子特性評価の新たな挑戦』

粒度・形状・比表面積・細孔分布等,様々な視点から評価される粉体の物性。 高分子材料の粒子的評価は,材料の反応性,濡れ性,電池容量などの性能を向上あるいは維持するために,欠かせない評価と言えます。
本セミナーでは,弊社のアプリケーションを交えながら,多種多様な測定手法を基礎から紹介いたします。

講師:(株)島津製作所GADC物性グループ担当者

※終了後は30分程度,質疑応答のお時間を取らせていただきます。

ご連絡先  (キャンセル・お客様変更など)
島津製作所 広島支店 分析計測営業課 田村
(TEL:082-248-4312 / FAX:082-243-1975)

年別一覧

Top of This Page