第31回 マイクロアナリシス研究懇談会 会期:11月21日(木)~22日(金) 名古屋

定期的に開催してご好評をいただいております「マイクロアナリシス研究懇談会」もおかげさまで第31回を迎え,今年は平成25年11月21日(木)~22日(金)に名古屋にて開催することになりました。これもひとえにお客様のあたたかいご支援ご指導の賜ものと感謝いたしております。
本会は島津EPMA,SEM をご使用の方々の研究成果を発表いただき,お客様相互の交流と当社技術担当者との意見交換などを含め,マイクロアナリシスに関する情報交換の場として,有意義な研究会に致したく,ふるってご参加いただきますよう,よろしくお願い申し上げます。

  
会   期 平成25年11月21日(木)~22日(金)
1日目 13:00~17:30 (研究会)
17:30~20:00 (懇親会)
2日目 10:00~15:00 (研究会)
会   場 [研究会]
ウィンクあいち(愛知県産業労働センター)12F「1203 号室」
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38 
 会場アクセス
[懇親会]  
キャッスルプラザ 3F 孔雀の間 会場アクセス
TEL 052-582-2121
参加対象者 島津電子線マイクロアナライザ,島津走査電子顕微鏡をご使用の方
お申込み 申込受付を終了しました。
お申込先 〒259-1304 神奈川県秦野市堀山下380-1
        (島津製作所 秦野工場内)
(株)島津テクノリサーチ 講習会担当宛
TEL 0463-88-8680 FAX 0463-88-8686

申込締切 平成25年11月15日(金)
定   員 80名
参 加 費 無料
その他 旅費,宿泊費は各自ご負担ください。

プログラム
時間 11月21日(木) 講演内容 (13:00~)
 開会挨拶
 13:05
 ~13:35
 高分解能走査型プローブ顕微鏡(HR-SPM)による固液界面の原子・分子スケール評価
 13:40
 ~14:00
 アルミニウム材料の分析事例
 14:05
 ~14:25
 熱電材料における組成分析と性能に及ぼす影響
 14:30
 ~14:50
 セラミック材料とセメント界面における反応解明へのEPMA適用事例
 14:55
 ~15:15
 コーヒーブレイク
 15:15
 ~15:45
 ナノスペース膜による水素分離
 15:50
 ~16:10
 EPMAによる状態分析手法の検討
 16:15
 ~16:55
 (仮)体系的な非破壊解析と分析による故障原因の究明
 17:30~  懇親会

時間 11月22日(金) 講演内容 (10:00~)
 10:00
 ~10:30
 フィルム,食品,医薬品の油中・水中測定
 10:35
 ~10:55
 FEI社製FIB-SEMデュアルビームの最新技術
 11:00
 ~11:20
 Quanta200FEGを用いた電子線リソグラフィとその応用
 11:25
 ~11:55
 炭化物を形成する場合のステンレス鋼中の炭素拡散量の評価
 12:00
 ~13:00
 昼食
 13:00
 ~13:20
 (仮)EPMAによるリチウムイオン電池の評価
 13:25
 ~13:45
 EPMAによる腐食原因調査実用事例
 13:50
 ~14:10
 MIM(金属粉末射出成形法)による各種Ti合金の創製
 14:15
 ~14:45
 XPS分析におけるガスクラスターイオンビームの応用例
 14:50~  閉会挨拶
※セミナー内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。



年別一覧

Top of This Page