ラマンセミナー 2013 「医薬学および生物医学におけるラマン分光の応用」 会期:11月22日(金),大阪

この度,レニショーと島津製作所の二社が共同で,セミナーを企画いたしました。 話題の分野を中心に,著名な専門家・科学者の講演に伴い,最適な分析技術と新しい機能を紹介します。ぜひご興味のある分野のセミナーにご参加くださいませ。
皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。
レニショー株式会社
(株)島津製作所 分析計測事業部

開催日時: 2013年11月22日(金)13:00~17:00(12:30受付開始)
会   場: 島津製作所 関西支社
(大阪市北区芝田1丁目1-4 阪急ターミナルビル14階 会場アクセス
参 加 費: 無料
定   員: 40名様
お申込み 申込受付を終了しました。

※ 大阪以外に,下記においても開催を予定しています。
[ 東京会場 10月17日(木) ]  最先端工業材料,リチウムイオンバッテリーのin-situ ラマン分光分析
[ 東京会場 10月18日(金) ]  ライフサイエンス分野におけるラマン分光の紹介
[ 名古屋会場 11月15日(金) ]パワーエレクトロニクス材料の研究開発において最近注目のラマン分光分析

プログラム  12:30受付開始
時間 セミナー内容
 13:00
 ~13:05
 セミナー開会のご挨拶 (レニショー株式会社)
 13:05
 ~14:05
 タイトル : 高速ラマンイメージングによる医薬品製剤の分析
 講師 : 就実大学薬学部 講師 森山 圭様
 講演内容 : ラマン分光法は,医薬品原薬および添加剤の結晶学的性質を評価するツールとして,近年その有用性に注目が集まっている。中でも最近発展の著しい高速ラマンイメージングは,製剤化後の原薬や添加剤の結晶学的性質およびそれらの分散状況が可視化できるという点で,医薬品製剤の品質管理上,極めて有益なものであると言える。今回のラマンセミナーでは,高速ラマンイメージングの利点を最大限に活かした医薬品製剤の最新の分析事例の紹介を行う。
 14:05
 ~14:15
 休憩
 14:15
 ~15:15
 タイトル : ラマン分光分析の生体・生細胞への応用:装置および分析技術
 講師 : 関西学院大学理工学部生命科学科 准教授 佐藤 英俊様
 講演内容 : ラマン分光法は水が多量に存在する条件でも測定が可能であり,生体試料の分析に適した振動分光法である。しかし,ラマン散乱光の強度は非常に低いため,高感度の装置を利用する必要がある。試料中の全分子がラマン散乱光を発するため,無標識・無侵襲での分析が可能であるが,その分スペクトルが複雑となり,分析には多変量解析を用いる必要がある。本講演では生体・生細胞応用に必要となるこれらの技術とその応用例を紹介する。
 15:15
 ~16:00
 タイトル : New Raman Technology Revealed
 講師 : レニショー株式会社 ラマンシステムグループ
 講演内容 : リリースされたWiRE4.0ソフトウェアーの機能と応用事例を説明します。超高速ラマンイメージング測定とインテリジェントなデータ解析により得られた高解像度の2次元,3次元イメージング結果を紹介します。
 16:00~
 タイトル : iMScope:高解像度MSイメージングがもたらす新たな世界
 講師 : 株式会社島津製作所
 講演内容 : 顕微鏡で観察したものを質量分析計によって測定し可視化する質量分析イメージングは,最先端の技術としてマーカ探索・創薬などへの応用が注目されています。イメージング質量顕微鏡「iMScope」では,当社独自の技術により,5マイクロメートル以下という世界最高の解像度で質量分析画像を測定し,分子の分布状態を観察できます。本セミナーにおいては,iMScopeを生体サンプルの分析に適用した例を中心に紹介させていただきます。

 閉会 (株式会社島津製作所)
 ~17:00  装置見学

 ご連絡先  (キャンセル・お客様変更など)
 レニショー株式会社 名古屋支社 木元麻里子
     (TEL:052-961-9511 / FAX:052-961-9514)


年別一覧