第86回日本生化学会大会 会期:9月11日(水)~13日(金),横浜

第86回日本生化学会大会 附設展示会において当社は,超高速トリプル四重極型LC/MS/MS LCMS-8050,イメージング質量顕微鏡 iMScope,タンパク質の酵素消化を完全自動化する新たなタンパク質分析用プラットホーム"タンパク質酵素消化HPLCシステムPerfinity iDP",アガロースゲル電気泳動法の不満を解消するための新しい自動分析プラットフォーム" DNA/RNA 分析用 マイクロチップ電気泳動装置MultiNA",1滴で測定,セルが要らない "微量分光光度計BioSpec-nano"などを展示いたします。ぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

会   期 9月11日(水)~13日(金)
会   場 パシフィコ横浜
横浜市西区みなとみらい1-1-1 会場アクセス
学会HP http://www.aeplan.co.jp/jbs2013/outline.html

附設展示会

展示時間:9/11(水)10:00~18:30,9/12(木)10:00~18:30,9/13(金)10:00~15:15 
展示場所:パシフィコ横浜 展示ホールB



○主な出展予定製品

タンパク質酵素消化HPLCシステム Perfinity iDP

タンパク質酵素消化HPLCシステム Perfinity iDP
タンパク質の酵素消化を完全自動化する新たなタンパク質分析用プラットホーム

微量分光光度計分光光度計BioSpec-nano

微量分光光度計分光光度計BioSpec-nano
微量サンプルの測定に最適,しかも性能に妥協はしません。

DNA/RNA 分析用 マイクロチップ電気泳動装置 MultiNA

DNA/RNA 分析用 マイクロチップ電気泳動装置 MultiNA
アガロースゲル泳動での煩雑作業と,曖昧な写真判定から開放します。

遺伝子検査装置 GVP-9600
核酸精製が不要なAmpdirect技術を応用した試薬により,簡単な前処置で解析が行えます。

超高速トリプル四重極型LC/MS/MS LCMS-8050

超高速トリプル四重極型LC/MS/MS LCMS-8050
これまでの常識を覆す【高感度×高速】分析を実現。
分析データの信頼性確保,ラボの生産性向上をサポートします。

無細胞タンパク質合成試薬キットTransdirect insect cell

2次元電気泳動装置 Auto 2D
従来 2日間かかった 2次元電気泳動を約100分に大幅に短縮。タンパク質の簡便で高精度な分離・分析が可能です。

イメージング質量顕微鏡 iMScope(模型展示)
顕微鏡による形態観察と,質量分析計による構造解析を一体化した,新しいタイプの分析装置です。

微量血漿中放射能濃度測定システム μFmPC

微量血漿中放射能濃度測定システム μFmPC
PETを用いたマウス等の小動物による薬物動態解析や薬力学的評価を支援するツールです。

MALDIタンデムTOF MALDI-7090(パネル展示)
MALDIタンデムTOFタイプとして世界最高水準の MS/MS分解能を実現した質量分析計です。

展示内容は予告無く変更になることがございますので予めご了承ください。

年別一覧

Top of This Page