におい・異臭分析セミナー 会期:3月7日(木)大阪,3月14日(木)東京

機器による,におい,異臭成分の分析は,より客観的な評価を化学的に示すものとして,長年にわたり応用されています。その中でも,クロマトグラフィーによる分析は,分離分析であるため,質量分析計との組み合わせによって,より正確な情報を得られる手法として注目を浴びています。
機器の性能が向上し,より幅広い成分の分析が可能となる中,新たな前処理法の発達により,さらに微量の分析が可能となり,フレーバー,フレグランスのみならず,オフフレーバーの分野においても,クロマトグラフィーの可能性はさらに広がることが期待されています。
本セミナーでは,基調講演に九州大学大学院 農学研究院生命機能科学部門食料化学工学の下田満哉先生をお招きし,ご講演いただきます。
また,弊社及び協力メーカー様より,最新のアプリケーションをご紹介します。

主催:ジーエルサイエンス株式会社
協賛:株式会社島津製作所

会   場 大阪会場:2013年3月7日(木) 13:00~17:00 定員のため受付を終了しました
新大阪丸ビル別館会議室
( 大阪市東淀川区東中島1-18-22 会場アクセス
 
東京会場 :2013年3月14日(木) 13:00~17:00 定員のため受付を終了しました。
TKPスター貸会議室 秋葉原ホール
(東京都千代田区岩本町3-3-6井門岩本町ビル 7F  会場アクセス
定   員 50名   (各会場とも)
参 加 費 無料
お申込み 上記の各会場用申込用紙にご記入いただき,FAXください(FAX 03-5323-6622,ジーエルサイエンス 営業企画部 セミナー担当 宛)。

セミナープログラム  受付開始 12:30

時間 セミナー内容

13:00~13:10

開会挨拶

13:10~14:25

[基調講演]食品開発の新しい視点
~塩味・うま味増強香気成分組成の分析化学的解明とそれを用いた官能評価~

九州大学大学院 農学研究院生命機能科学部門食料化学工学 教授 下田満哉先生

14:25~15:00

明日から始める!におい嗅ぎGC分析,そのこつと使い方!いい香りから悪いかおりまで
(複合臭,エンハンス効果の官能評価法のご提案なども含めて)

ジーエルサイエンス株式会社

15:00~15:15

休憩・カタログ展示

15:15~16:00

GC-MSによる“におい評価”のための前処理装置について

ガスクロマトグラフ‐質量分析計を用いたにおい成分分析では,試料の導入方法が重要です。におい成分の閾値(人間が検知できる最小濃度)は一般的に低く,その検出には試料をGC‐MSに導入する前に抽出・濃縮操作が必要になります。抽出・濃縮法には,トラップ機能付ヘッドスペース,固相マイクロ抽出,MonoTrapを用いた固相吸着‐加熱脱着,直接加熱法などがあります。本講演ではこれらの方法を中心に紹介します。

株式会社島津製作所

16:00~16:30

におい分析のこつ,前処理とカラム選択,試料導入法,MMSE法によるアプリケーション紹介
(網羅的捕集,最新型GC分取装置を用いた香気成分の構造解析例など)

多様なサンプリングを可能とするモノリス捕集剤MonoTrapと多機能注入口OPTIC-4を使用した濃縮分析例と,先端の匂い嗅ぎ分析例をご紹介します。

ジーエルサイエンス株式会社

16:30~17:00

製品展示・個別質疑応答

※プログラムは変更になる場合があります。予めご了承ください。

ご連絡先  (キャンセル・お客様変更など)
ジーエルサイエンス 営業企画部 セミナー担当
(TEL:03-5323-6617 / FAX:03-5323-6622)

年別一覧

Top of This Page