島津 PIC/Sセミナー PIC/S GMPガイドラインへの対応にむけて 会期:12月20日(木),東京

厚生労働省が本年3月にPIC/Sへの加盟申請を行い,今後のGMP調査においてはPIC/S GMPガイドラインを参考に実施されることから,分析機器,分析ラボにおいても,これらへの早急な対応が求められております。
島津製作所はPIC/S GMPガイドラインや厚労省適正管理ガイドラインへの対応をサポートします。
本セミナーでは,PIC/S GMPや国内GMPとの違い,最新の査察動向,また,既にPIC/Sに加盟している海外でのPIC/S GMPガイドラインへの対応情報のご紹介とともに,弊社からのソリューションをご紹介させて頂きます。
ご多忙とは存じますが,ぜひご参加いただけますようどうぞ宜しくお願い申し上げます。

主催:島津製作所 分析計測事業部

◆会   場:

東京会場 :2012年12月20日(木) 13:00~17:30 定員のため受付を終了しました。
ベルサール神田 2F イベントホール
(東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル 会場アクセス

大阪会場 :2013年1月16日(水) 13:00~17:30 定員のため受付を終了しました。
梅田センタービル 31階 ホワイトホール
(大阪市北区中崎西2丁目4番12号 会場アクセス

◆定   員: 東京150名,大阪100名
◆参 加 費: 無料
◆お申込み:

上記の各会場用お申込みフォームを利用してお申込みください。受付後,折り返しFAXにて,受付票をお送りいたします。
(*)多数のお申込みが予想されますので,同部署からのご参加は2名様までとさせていただきます。

セミナープログラム

受付開始(12:30開場・受付開始)

時間 セミナー内容 
13:00~13:05 ご挨拶
13:05~14:30

PIC/S GMPの概要と査察の最新動向
厚生労働省が加盟申請を行ったPIC/SのGMPや国内GMPとの違いを解説いたします。また,最新の査察動向についてもご紹介します。

西山経営研究所 西山昌慶氏 

14:30~15:30

PIC/S GMP対応の原料受入検査
- 米国での最新情報と効果的な検査方法 -
ハンディタイプのラマン装置を用いた効率的な原料受入検査手法,検査データや検査結果の管理方法をご紹介します。また,米国での最新情報についてもご紹介します。

Enwave Optronics, Inc. CEO Eric Wu氏 

15:30~15:50 休憩
15:50~16:35

PIC/S GMP対応に向けた分析機器バリデーション
PIC/S GMPガイドラインでの実施要件を解説するとともに,HPLCを例として,具体的な実施方法について紹介します。合わせて,弊社がご提供する保守点検,サービスもご紹介します。

16:35~17:20

PIC/S GMPに対応した分析システム
PIC/S GMPガイドラインAnnex11で求められるデータ管理やセキュリティ要件などを解説するとともに,PIC/S対応の弊社製品をご紹介します。

17:20~17:30 質疑応答

タイムスケジュールは多少前後する場合がございます。予めご了承下さい。

展示予定製品

ご連絡先

(キャンセル・お客様変更など)
東京会場:東京支社 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 中村雅子
     (TEL:03-3219-5609 / FAX:03-3219-5557)
 大阪会場:関西支社 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 疋島(ひきしま)知栄子
     (TEL:06-6373-6682 / FAX:06-6373-6526)

年別一覧

Top of This Page