第35回日本分子生物学会年会 会期:12月11日(火)~14日(金),福岡

弊社は総合分析機器メーカの利点を活かし,ライフサイエンス研究においても,お客様のニーズにあった多面的なアプローチをご提案いたします。
本付設展示会において,タンパク質の酵素消化を完全自動化する新たなタンパク質分析用プラットホーム"タンパク質酵素消化HPLCシステムPerfinity iDP",アガロースゲル電気泳動法の不満を解消するための新しい自動分析プラットフォーム" DNA/RNA 分析用 マイクロチップ電気泳動装置MultiNA",1滴で測定,セルが要らない "微量分光光度計BioSpec-nano",血漿中の放射能濃度の測定作業を簡便にする"微量血漿中放射能濃度測定システム μFmPC"などを展示いたします。
ぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

◆会   期: 12月11日(火)~14日(金)
◆会   場: 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡
福岡市博多区沖浜町7-1 会場アクセス
◆学会HP: http://www2.convention.co.jp/mbsj2012/

島津関連発表

4P-0040  12月14日 14:00
既知翻訳後修飾情報データベースMSPTM-DBとweb実行環境ProteoAnalysis

○吉沢 明康1, 田畑 剛2,木村 剛之2,青島 健2,小田 吉哉2,梶原 茂樹1, 田中 耕一1
( 1島津製作所・田中最先端研,2エーザイ・EPCS)

2P-0162  12月12日 19:00
滑膜肉腫特異的融合がん遺伝子 SYT-SSX によるエピジェネティック制御破錠の分子基盤の解明

○加藤 友久1, 渡辺 真3,佐藤 孝明3,戸口田 淳也1,2
( 1京大・再生研・組織再生応用,2京大・iPS 細胞研究所・増殖分化機構,3島津製作所・基盤研・ライフサイエンス研)

附設展示会

展示時間:12/11(火)~14(金) 9:00~17:00 ただし,12/16(金)のみ16:15まで
展示場所:マリンメッセ福岡 多目的展示室 小間No. 99



○主な出展予定製品

DNA/RNA 分析用 マイクロチップ電気泳動装置 MultiNA

DNA/RNA 分析用 マイクロチップ電気泳動装置 MultiNA
アガロースゲル泳動での煩雑作業と,曖昧な写真判定から開放します。

タンパク質酵素消化HPLCシステム Perfinity iDP

タンパク質酵素消化HPLCシステム Perfinity iDP
タンパク質の酵素消化を完全自動化する新たなタンパク質分析用プラットホーム

微量分光光度計分光光度計BioSpec-nano

微量分光光度計分光光度計BioSpec-nano
微量サンプルの測定に最適,しかも性能に妥協はしません。

トリプル四重極 LC/MS/MSシステム LCMS-8040

トリプル四重極 LC/MS/MSシステム LCMS-8040
従来比5倍の高感度を実現世界最高レベルの超高速トリプル四重極型LC/MS/MS

無細胞タンパク質合成試薬キットTransdirect insect cell

無細胞タンパク質合成試薬キットTransdirect insect cell
動物培養細胞由来の抽出液として高い合成能を有します

微量血漿中放射能濃度測定システム μFmPC

微量血漿中放射能濃度測定システム μFmPC
PETを用いたマウス等の小動物による薬物動態解析や薬力学的評価を支援するツールです。

展示内容は予告無く変更になることがございますので予めご了承ください。

年別一覧

Top of This Page