島津 フードセーフティフォーラム 2012 inさいたま会期:11月9日(金)

食の安全に関する話題は社会生活における大きな関心事となっており,食品の成分表示,規制への対応,安全性確認のための自主検査など,食品分析のニーズはますます多様化すると共に,高い精度が求められています。また,安全でおいしい水の確保,供給体制は,多くの市民が求めるところです。島津製作所は,豊富なラインナップの分析計測機器と,価値ある情報の提供により,食の安全のトータルサポートを目指しています。本フォーラムでは,食の安全に向けた先進的取り組みをされている大和製罐株式会社 総合研究所所長 加藤寛之様をお招きし,その取り組み,目下の課題,今後の展望などについてご講演いただきます。
ご多忙とは存じますが,ぜひご参加いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

(株)島津製作所 北関東支店

日時/会場:

2012年11月9日(金) 13:20~18:00
さいたま市プラザノース 2F 多目的ルーム
(埼玉県さいたま市北区宮原町1-852-1 会場アクセス

本フォーラムは定員に達したため受付を終了致しました。多数のお申し込みを頂き有難うございました。

セミナープログラム

タイムスケジュールは多少前後する場合がございます。予めご了承下さい。

時間 セミナー内容
12:30~ 受付開始
13:20~13:30 ご挨拶
13:30~14:20

LC-MS/MSとLC/MSを駆使した水質分析と食の安全分野でのソリューション
超高速技術と優れた安定性が可能にしたLC-MS/MSでの多成分スクリーニングや微量定量をはじめ,LC-MSを用いた食品成分(有機酸,糖他)の品質管理など,水質分析と食の安全分野での最新ソリューションを紹介します。
島津技術者

14:20~15:10

GC-MS/MSとGC/MS周辺技術を駆使した水質分析と食の安全分野でのソリューション
高感度,高選択性および高速分析を可能にしたトリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計や,前処理装置は,水道水の水質検査において,信頼性確保や迅速・簡便化などの要求が高まっております。また,市民の食の安全に対する意識も高まっており,迅速な検査体制が求められております。本発表では,これらの機器を用いたさまざまなソリューションを紹介します。
島津技術者

15:10~15:30 製品紹介:LCMS-8040,LCMS-8080,GCMS-TQ8030
 コーヒーブレイク
15:30~16:30

【特別講演】 異臭クレームへのアプローチ法と対応に必要なスキル
異臭に関して,300件近くの社外分析を行ってこられた経験をもとに,異臭クレームへのアプローチの仕方と,異臭クレームの調査に必要なスキルについてご講演いただきます。
 1.異臭の定義と異臭の歴史,2.最近問題となっている異臭物質,3.異臭分析方法の紹介,
 4.代表的な異臭物質の由来,5.異臭分析事例の紹介,6.異臭クレームへのアプローチと対応スキル 大和製罐株式会社 取締役 総合研究所 所長 加藤 寛之様

16:30~17:20

GC-MSによる香気と異臭評価法の一挙公開 簡単な操作で,様々な試料中から香り・匂い成分を濃縮・抽出・することができるモノリス型捕集剤MonoTrapと,多彩な試料導入が可能な多機能型注入口(OPTIC-4)について分析事例を交えて紹介します。 島津技術者

17:20~18:00 情報交流会

ご連絡先

(キャンセル・お客様変更など)
島津製作所 北関東支店 北関東支店営業課 津浪
     (TEL:048-646-0081 / FAX:048-641-3793)

年別一覧

Top of This Page