第22回最新科学機器展 会期:4月18日(水)~20日(金)

会場:名古屋市中小企業振興会館【吹上ホール】 会場アクセス

当展示会におきましては,日頃のご厚情に感謝するとともに,さらに皆様のご要望にお応えするべく,質量分析計,クロマト分析装置や光分析装置などの新製品を一挙出品し,お客様のニーズに応じたベストソリューションをご提案させていただきます。
また,併設される新技術・新製品説明会では当社から7 テーマについて発表いたします。

入場料:1名につき1,000円
(但し,招待状持参者,Webによる来場事前登録者,学生は無料)

新製品・新技術説明会

最新の分析計測技術など7テーマをご紹介いたします。 聴講無料
4/19
時間 13:00~13:50 第3会議室
テーマ リチウムイオン電池の機器分析による多角的評価
内容 クリーンエネルギーが求められるなか,太陽電池やリチウムイオン電池は重要な 役割を担っています。これらの開発や評価には多数の分析評価機器が必要です 今回は,機器分析による最新アプリケーションをご紹介いたします。
時間 14:00~14:50 第3会議室
テーマ 各種観察装置の使い分けおよび最新アプリケーション
内容 最新の表面観察・分析装置から,SPM, LSM, SEM, EPMAを取り上げ, それらの原理,特長,用途,アプリケーションをご紹介いたします。
時間 15:00~15:50 第3会議室
テーマ FTIRとラマンによる不良解析・異物分析の新手法とノウハウ
内容 異物の混入,油の劣化,紫外線による樹脂の変性等をFTIRやラマン分光法 を用いた様々な不良解析の実例を解説するとともに,良好な解析結果を得る ためのノウハウを紹介いたします。
時間 16:00~16:50 第3会議室
テーマ 転ばぬ先の杖・・・絶対に知っておきたいHPLC分析のノウハウ
内容 HPLCを使用していると,思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあります。 本セミナーでは,移動相調製のノウハウや試料溶媒の影響などについて, そのポイントをご紹介いたします。
4/20
時間 13:00~13:50 第3会議室
テーマ 環境分野におけるLC/MS(/MS)分析事例の紹介
内容 近年環境分野においてLCMSを用いた試験法が徐々に増え始めています。 ここではLC-MS(/MS)が関係する規制とハロ酢酸や水質農薬,PFCsなど LCMS-8030を用いた様々な分析例をご紹介いたします。
時間 14:00~14:50 第3会議室
テーマ 転ばぬ先の杖・・・絶対に知っておきたいHPLC分析のノウハウ
内容 HPLCを使用していると,思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあります。 本セミナーでは,移動相調製のノウハウや試料溶媒の影響などについて, そのポイントをご紹介いたします。
時間 15:00~15:50 第3会議室
テーマ 食品分野における新たなアミノ酸の高速分析法の紹介
内容 ①わずか9分でアミノ酸38成分を分析可能②誘導体化の自動化③LC/MS による優れた検出選択性を特長とする高速アミノ酸分析システム UF-Amino Stationをご紹介いたします。

会場案内

名古屋市中小企業振興会館【吹上ホール】 会場アクセス

会場案内図

お問合せ先

株式会社 島津製作所 
名古屋支店 分析計測営業課
〒450-0001
名古屋市中村区那古野一丁目47番1号
名古屋国際センタービル19階
TEL:(052)565-7532 / FAX:(052)565-7541
E-mail:exhibit@group.shimadzu.co.jp

年別一覧

Top of This Page