Windows(R)直結(データをパソコンに直接転送)注)機能付属

本体とWindows95/98/Me/NT/2000/XPパソコンをRS-232Cケーブルにて接続するだけで、専用ソフトなど必要なく、Windows上のExcelのセルに試験結果を直接転送できますので、パソコン上でのデータ管理が容易にでき、またネット接続を通してデータをどこにでも送ることができます。

硬度計とパソコンを
RS-232Cケーブルでつなぐ
硬度Excelを立ち上げる
入力するセルを選択する
硬度計で試験を実行する
試験結果がセルに書き込まれる
次のセルで待機

Windows(R)直結(データをパソコンに直接転送)
注) Windows(R)、Excelは米国マイクロソフト社の登録商標です。
  別途RS-232Cケーブル(クロスケーブル)が必要です。
  パソコンはDOS/V機でOS:Windows95/98/Me/NT4.0/2000/XP。
 
Windows直結機能使用例
図はWindows直結機能を利用した例です。表やグラフはお客様側で作成していただく必要があります。


※外観および仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

Top of This Page