差動トランス式伸び計 DTシリーズ

JIS1級対応の差動トランス式伸び計をラインアップに追加

差動トランス式伸び計 DTシリーズ

金属引張試験規格JIS Z 2241では耐力測定時の伸び計は2級以上,ISO 6892-1では等級1級以上と規定されています。
伸び計DTシリーズは,伸び計等級1級に対応した差動トランス式伸び計であり,金属引張試験規格に対応した試験法が行えます。


 

伸び計等級1級に対応

JIS B 7741,ISO 9513の1級(指示値の±1%,または±3μmのいずれか大きい方)に対応しています。

ひずみ速度制御試験方法に対応

JIS B 7741の附属書JB(参考)の「ひずみ速度制御による試験速度(方法A)」及びISO 6892-1のMethod Aに対応した試験が可能です。

※X型制御装置が必要です。

 

伸び計等級1級・ひずみ制御への対応について

差動トランス式伸び計DTシリーズを使用して,等級1級対応・ひずみ速度制御を行う場合は,下表のように,ご対応をよろしくお願いします。

  UH-X/FXシリーズ/AG-Xシリーズ UH-Iシリーズ/AG-Iシリーズ それ以前の試験機
1級 UH-X/FX,AG-X用内蔵アンプまたはESAアンプをご使用ください。 ESAアンプをご使用ください。
精度1級は次の測定範囲で対応します。
・ DT50-10:0~1mm
・ DT50-5:0~1.25mm
・ DT50-2:0~1mm
・ DT50-50は対応しません。
X型制御装置へのリフレッシュの上,UH-X/FX,AG-X用内蔵アンプまたはESAアンプをご使用ください。
ひずみ制御 X型制御装置へのリフレッシュの上,UH-X/FX,AG-X用内蔵アンプまたはESAアンプをご使用ください。

Top of This Page

お問い合わせ