WinServoき裂進展試験

WinServo
WinServo き裂進展試験

き裂進展速度を算出

切り欠きのある試験片に、繰り返し負荷を与え、所定のΔK値におけるき裂進展速度を算出します。 精度の高いき裂測定が可能です。

【特長】

 

  • 直感的な操作 日本語表示のビジュアルなWindows画面により、わかりやすく直感的な操作ができます。
  • アラームの常時監視 試験片の着脱時から負荷試験終了まで、常にセンサからの計測値を監視していますので、安全に試験が行えます。
  • ASTM E647に準拠
  • テキストデータの出力 採取したデータをテキスト形式へ変換できますので、市販の表計算ソフトなどで、独自のデータ解析が可能です。

 

【仕様】

品 名 WinServo き裂進展試験
P/N 346-99902
対応試験 き裂進展試験
準拠規格 ASTM E647
対応制御装置 48000形制御装置
推奨動作環境 DOS/Vパーソナルコンピュータ
CPU: Pentium 266MHz以上
RAM: 128MB以上
HDD: 200MB以上の空容量
3.5inch FDD 1基
1つ以上のPCIバスの空きスロット(GPIB用)

関連情報

※外観および仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

Top of This Page