GLUON擬似動的試験

GLUON
GLUON 擬似動的試験

構造物の地震応答実験に

入力された地震波のステップごとの弾塑性応答変位を目標値とし、各階層に同時到達するような制御を行います。応答計算はニューマークβ法を採用していますが、外部PCなどで独自の応答計算を行わせることもできます。水平ジャッキ(最大4階層)に加え鉛直ジャッキ(1階層)まで対応しています。

【特長】

  • 地震波の設定では、試験の開始、終了点や地震波の加速度倍率を調整することができます。
  • 弾性応答変位の確認では、地震波が入力された場合の、弾性応答変位がプレビューできます
  • 試験実行 試験途中で、負荷速度や減衰マトリックスの変更を行うことができます。

【仕様】

品 名 GLUON擬似動的試験
P/N 346-99312
対応試験 擬似動的試験
対応制御装置 4890形制御装置
推奨動作環境 OS: Windows 2000, Windows XP
CPU: Pentium800MHz以上
RAM: 1GB以上
HDD: 8GB以上の空容量
CD-ROM 1基、100base-T Ethernet

※外観および仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

Top of This Page