GLUON熱疲労試験

GLUON
GLUON 熱疲労試験

熱とひずみの複合負荷に

供試体に台形波などの負荷を与え、所定の繰返し回数における試験力(応力)-変位(伸び、ひずみ)、温度信号を記録します。負荷と同期した温度パターンを与え、熱伸び補正することにより、力学的ひずみ制御や拘束率一定制御を行うことができます。また、得られたデータからヒステリシスエネルギーや塑性ひずみなどを算出できます。

【特長】

  • 負荷、温度設定画面負荷と温度信号は複数ステップの波形(最大10)を組み合わせたものを、繰り返すことができます。
  • 熱伸び補正最大50データまで熱伸びデータを登録でき、熱伸びを考慮した、力学的ひずみ制御や拘束率一定制御試験が行えます。

【仕様】

品 名 GLUON熱疲労試験
P/N 346-99311
対応試験 熱疲労試験
準拠規格 4890形制御装置
対応制御装置 4890形制御装置
推奨動作環境 OS: Windows 2000, Windows XP
CPU: Pentium800MHz以上
RAM: 1GB以上
HDD: 8GB以上の空容量
CD-ROM 1基、100base-T Ethernet

※外観および仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

Top of This Page