複合材料用面内圧縮試験治具

特長

複合材料用面内圧縮試験治具

  • プラスチックおよび複合材料の硬質薄片の面内強度特性試験専用
  • 最大容量:5 kN
  • ASTM D695およびASTM D3846適合治具,またはJIS K7076(A法)およびJIS K7018(方法1)適合治具をラインナップ
  • 試験片の端面に圧縮力を負荷します。

適応材料
プラスチック,複合材料

適応試験規格
ASTM D695,ASTM D3846,JIS K7018(方法1),JIS K7076(A法)

複合材料用面内圧縮試験治具は,硬質プラスチック,その他複合材料の薄片の面内強度特性を試験するための専用治具です。試験片は治具内に縦方向に固定し,圧縮力を試験片端面に加えます。

ASTM D695 およびASTM D3846 準拠の治具と,JIS K7076(A法)およびJIS K7018(方法1)準拠の治具の2種類の複合材料用面内圧縮試験治具をご用意しております。

圧縮力の付加には⌀100 mm 球座式圧盤セットを用います。本圧盤セットを治具と一緒にご注文ください。

複合材料用面内圧縮試験治具,⌀100 mm 球座式圧盤セット,圧縮/曲げ負荷治具で構成されたキットをご用意しています。詳細については,お近くの島津の代理店にお問い合わせください。

操作に必要なその他の製品
- ⌀100 mm球座式圧盤セット
- 圧縮/曲げ負荷治具

Top of This Page