DSC-60 Plusシリーズ

示差走査熱量計

全温度範囲,高感度で測定

新たに開発した加熱炉部から冷却槽までの熱抵抗構造と新型ディテクターにより,-140 ℃~600 ℃までの全温度範囲での安定したベースラインを実現し,ノイズレベル0.5 μW以下の感度を示しています。

ゴム・プラスチック材料

様々な産業で使用されているゴム,プラスチック材料の測定では,低温から高温までの広い温度範囲にわたる複雑な熱量変化も確実に検出し,材料の特性を評価します。

NBRゴムのガラス転移

エンジニアリングプラスチック(PEEK)の測定

電池・電子部品材料

熱量測定範囲は約3倍(当社比)の±150 mW に拡大し,熱量変化の大きな反応性評価や電子部品で使用される接着剤等の熱硬化性樹脂の硬化反応の測定についても,十分なダイナミックレンジを確保しています。

電池材料(LiB正極活物質)の測定

接着剤の硬化反応

様々な測定も簡単操作で対応

DSC-60 Plusシリーズに標準装備された冷却槽

DSC-60 Plusシリーズに標準装備された冷却槽では,室温以下の測定が必要になった場合でも,特別な付属品を追加することなく,液体窒素を導入口から注ぐだけで低温にすることができ,非常に便利です。

試料セット温度機能

室温以下の一連の分析を行う際は,試料交換時に炉内の温度を室温付近に復帰させる必要があります。
試料セット温度機能は,交換時に試料周辺だけを加熱し結露することなく,再び迅速に測定開始温度に設定します。

「テンプレート機能」による自動解析機能

独自の「テンプレート機能」により補正や解析,レポート出力のレイアウト設定を自動で行うことができます。自動の設定も簡単操作で可能。
解析時に使用するだけでなく,測定前に設定しておくと測定終了と同時に自動的に適用し,保存することが可能です。 

「テンプレート機能」による自動解析機能

昇降温データも簡単に解析可能

昇降温を繰り返したデータも,「解析範囲の設定」機能を使用して,独立したデータとして取り扱うことができるので,簡単に解析を行うことができます。
PEやPPなどで昇降温を繰り返したようなデータで昇温と降温を別々のデータに分けることが可能です。

昇降温データも簡単に解析可能

快適な操作性を追求したワークステーション LabSolutions TA

LabSolutions TA

LabSolutionsでのネットワーク管理が熱分析でもご使用いただけます。

TA-60WSの機能を引き継ぎながらもソフトウェアの操作性が向上し使いやすくなりました。

 

 

Top of This Page