XRD-6100

X線回折装置

使いやすさと多機能を基本に、回折の新時代へ
X線回折装置は大気雰囲気で物質を非破壊で分析できます。物質の定性分析、格子状数の決定や応力測定などができます。また、ピークの面積計算などから定量分析が行えます。
さらに、ピークの角度広がりやプロファイルなどから粒子系・結晶化度・精密X線構造解析などさまざまな分析が行えます。

LabX XRD-6100

XRD-6100

縦型ゴニオメータ

縦型高精度ゴニオメータを搭載し、粉末や薄膜、固定しにくい試料、溶解しやすい試料など、多様な試料の測定ができます。

XRD-6100は幅900×奥行き700×高さ1600mmと コンパクトサイズ。
X線発生時にはドアロック機構が働き、高い 安全性を備えています。
1000°/分の高速早送りと±0.001°の高精度 角度再現性を実現した縦型ゴニオメータの搭載により多様な試料の測定ができます。
駆動機構は独立2軸駆動でθ-2θ連動、2θ、 θ軸単独測定の選択ができ、特に薄膜測定に効果を発揮します。
用途に応じてソフト・ハード共に豊富なオプションをご用意しております。  

 

作業環境測定基準・作業環境評価基準の改正に対応
X線回折装置XRD-6100 環境測定パッケージ
作業環境中の遊離珪酸および石綿(アスベスト)の定性・定量分析に最適。

※外観および仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。

Top of This Page