XRD-6100/7000 OneSight™ 応力測定・解析システム

Stress Analysis System

金属製品の加工品チェック,品質改善,不良解析に!

Stress Analysis System

X線回折を用いた応力測定の特長

非破壊で測定可能!
残留応力測定時に機械加工(破壊)が不要で,繰り返し測定が可能です。

特別な技能は不要!
結果に影響する高度な調整や試料処理等は不要。どなたでも測定できます。

X線回折を用いた応力分析

Stress analysis using X-ray diffraction


測定後、データを解析ソフトへ
読み込むだけで、
グラフと応力値が自動表示!

グラフが右上がりの場合は圧縮応力、
右下がりの場合は引張応力を示します。

 

導入後の利点

高速測定
従来のシンチレーション検出器に比べ約10倍の高速測定を実現

ワンショットモードでの同時測定
Ψ角毎にゴニオメータを固定したままで一度に測定が可能

分析時間が大幅に短縮
圧縮応力か引張応力かを判断する定性分析は1分で可能
応力値の算出を含めた定量分析も5分以内で可能

Top of This Page