観察例
湿度制御下でのナフィオン®膜観察とフォースカーブ測定
湿度変化によるナフィオン膜の表面形状変化を,湿度10%と80%中で観察をしました。 吸水したことによる膜の膨張が認められます。
 


探針を試料表面に接触させた後,試料から徐々に離し,その際に探針ー試料間に働く力を測定するフォースカーブ測定も行いました。


湿度40%から50%に変わるところで 吸着力が急に大きくなっています。
 

島津製作所 表面/組成分析機器 SPM資料室 >>