観察例
強誘電体(TGS)劈開面(3)
  39min 凹凸像
強誘電体(TGS)劈開面
  91min 凹凸像
強誘電体(TGS)劈開面 LFM像
  164min 凹凸像
強誘電体(TGS)劈開面
観察条件 温度:22〜23℃ , 湿度:55〜65%
TGS(強誘電体 Tri-glycine sulfate)劈開表面の半格子ステップパターンの時間経過による変化を観察しました。 パターンの変化は、ステップから放出されたイオンの表面拡散が原因であると考えられています。
(名古屋工業大学大学院工学研究科 岩田真先生ご提供)

 

島津製作所 表面/組成分析機器 SPM資料室 >>