SPM観察例 生体 No.18 セレウス菌観察

SPM観察例 生体編(No.18) セレウス菌観察例

食中毒原因菌の一つであるセレウス菌の観察画像です。卵円形(直径約2.3μm,短径約1.7μm)をした芽胞と長さ約7μmの栄養型細胞が観察できました。芽胞表面が滑らかなのに比べて,栄養型細胞の表面には凸凹が多く見られました。この差異は,芽胞と栄養型細胞との風乾処理に対する耐久性の違いを反映しているものと考えられます。

観察例 生体へもどる
Top of This Page