PDA-8000

発光分光分析装置(Optical Emission Spectrometer)

高分解能分光器で,より正確な分析を実現
焦点距離1000mm パッシェン・ルンゲマウントで鉄鋼用,非鉄用それぞれに適した波長範囲の回折格子を使用し,広い波長範囲で高分解能測定ができ,分光干渉の影響を抑えることで,正確な分析が可能となりました。

安定性と実績の真空分光器

材料分析で重要元素であるリンや硫黄は,190nm以下の真空紫外領域と呼ばれる波長域にスペクトル線が存在します。
この波長域では空気中の酸素が光を吸収するため,酸素を除去する必要があります。PDA-8000は,実績のある真空分光器を採用し,安定した分光分析を提供します。

受光部集光系

発光分光分析装置PDA-8000

出口スリットを通った光をトロイダルミラーで光電子増倍管の受光面上に集光して照射します。この光学設計により,安定した測光が得られます。

環境変化への高い対応性

分光器は温度変化の少ない材質を採用しました。断熱機能を強化した恒温槽に配置することで室温変化の影響を受けにくい構造となり,より精度の高い分析を提供します。( 室温15-30℃ ±5℃/ H以下)

Top of This Page