ラボ 全有機体炭素計(TOC)の停止・起動手順

ラボ(実験室用)全有機体炭素計 TOC-V,TOC-5000Aシリーズを対象としています。

【被災した地域のみなさまへ】

地震により実験室で漏電・ガス配管漏れの危険があります。 貴事業所の設備(施設)管理ご担当者の指示に従って,まず点検を受けてください。
排気設備などラボの安全設備や,廃液処理・産業廃棄物処理のシステムが正常に稼働していることをご確認ください。

【これから停電する地域のみなさまへ】

計画停電がある場合は,事前に取扱説明書に従って装置を停止してください。

【現在停電中の地域のみなさまへ】

もし,装置が稼動中に停電により停止した場合は,装置や周辺機器が安全に停止していない可能性があります。 装置を完全に停止させることをお勧めします。

装置本体のメイン電源スイッチを直ちにOFFします。
電源プラグを抜いてください。
ボンベの元栓を閉めます。
塩酸やりん酸ボトルやドレンタンクなどを点検して容器の破損などが無いことを確認します。

再起動時は、次の点に注意して起動してください。
目視で,外観や内部部品(電気炉や燃焼管の割れなど),減圧弁などに損傷がないか機器の状態を確認します。
取扱説明書に従って電源を投入してください。 もし通電後に異音異臭が生じていれば,直ちに使用を停止して,サービス員による点検を受けてください。


ご不明な点はWebお問い合わせフォームをご利用ください。

Top of This Page