安全点検のおすすめ (経年劣化対策)

長年使用した家庭用電気製品などの経年劣化による事故がしばしば報道されており,経済産業省は事故防止のため「改正消費生活用製品安全法」を2007年11月21日公布し,特定保守製品の適切な保守促進を打ち出しました。分析計測機器は対象ではありませんが,部品の経年劣化は電気機器類共通の課題です。そこでリスク低減のため,分析計測機器の安全点検についてご案内させていただきます。

この安全点検は,機器が経年劣化によって事故が起こりやすい状況になっていないかを点検して,重大事故の発生リスクを低減することが目的ですので,この機会にぜひご検討ください。

安全点検の流れ

安全点検は下図のように実施します。お客様による機器外部の安全点検に加え、機器内部までより確実に点検をする「当社フィールドエンジニアによる安全点検(有償)」をおすすめします。

安全点検の流れ

安全点検の内容

安全点検の内容

(*)具体的な安全点検項目は機器によって異なります。

点検希望・見積希望のご連絡

連絡票(オンライン記入フォーム)

お問い合わせ

お問い合せフォーム
 

( お電話でのお問い合わせは,最寄りの営業拠点でお受けしています )

よくあるご質問

よくあるご質問ページ

安全点検のご依頼にあたって

  • 安全点検は有償です。当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に依頼してください。
  • 設計標準使用期間とは,取扱説明書に記載された使用条件(標準使用条件)の下で使用した場合に安全上支障なく使用できる標準的な期間で,製品の保証期間とは異なります。
  • 標準使用条件と異なる条件で使用された場合は,設計標準使用期間よりも早く安全上の支障をきたすおそれがあります。使用中に異常な症状を感じたら,すぐに当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店に連絡してください。
  • 日常の保守点検および交換部品については,取扱説明書の「保守・点検」を参照してください。
  • 当社の分析計測機器は,国の定める「長期使用製品安全点検・表示制度」の対象品目ではありません。

対象機種

    
クロマト機器 GC,GCMS,HPLC,LCMS,クロマトパック
熱分析装置 示差走査熱量計,熱重量測定装置,熱機械分析装置
におい識別 におい識別装置
光分析機器 FTIR,原子吸光,UV,RF
表面・組成分析機器 SPM,SFT/OLS,SEM,EPMA,XPS,X線回折,発光/ICP,蛍光X線
環境計測機器 水質分析計(ラボTOC含む),ガス分析計
バイオ支援機器 TOFMS(AXIMAなど),DNAシーケンサ,プロテインシーケンサ,他
粉体測定機器 粒度分布測定装置,比表面積/細孔分布測定装置,乾式密度計
試験機 オートグラフ,圧縮試験機,サーボパルサ,硬度計,他
X線検査装置 マイクロフォーカスX線装置(透視,CT),異物検査装置
   
 型式頭文字からの機種名確認ページ (「AG-」はオートグラフ,「EHF-」はサーボパルサ)

安全点検期間ラベル貼り付けのお知らせ

長期使用製品安全表示制度に準じて自主的に安全点検期間ラベルの貼り付けを実施いたしております

Top of This Page