RF-6000

分光蛍光光度計

至高の使いやすさ

誰にでも簡単に測定が行える 新ソフトウェア LabSolutions RF

「誰にでも簡単に理解できて,操作できる」を追求して,LabSolutions RFは開発されました。
測定→分析→印刷→保存を通して,理解しやすい画面レイアウトにより,測定操作をやさしくサポートします。
すべての測定プログラムは,共通のメインツールバー,メニュー,測定ツールバー,ツリービュー,ログウィンドウを持ち,共通の操作で専門の蛍光分析プログラムを使用することができます。

詳細をみる

拡張性の高い試料室

試料室の大型化により100mmøの積分球ユニットを搭載できます。

試料室を1.5倍(当社比)に大型化しました。
サンプルのセッティングも楽に行えます。

積分球ユニット
(部品番号 207-21460-41)

100mmø積分球ユニット

LabSolutions RFの専用アプリケーション機能と組み合わせて、蛍光量子収率/蛍光量子効率を求めることができます。

試料 :液体,固体,粉末試料
積分球内径 :100mmø
積分球材質 :スペクトラロン
試料の最大寸法 :幅12.5×高さ45×厚さ12.5mm
測定波長範囲 :200~900nm
 

標準内容

  • 積分球測定装置本体
  • スペクトル補正関数測定用メッシュ

超ミクロセルホルダユニット
(部品番号 207-21455-41)

数10μLの試料量で測定を可能にするための超微量セルユニットです。市販の微量セル注)を利用します。

注)市販のHellma社製セルをご使用ください。

  • Cat. No. 105. 250-QS-15(必要最小試料量100μL)
  • Cat. No. 105. 251-QS-15(必要最小試料量40μL)

Top of This Page