RF-6000

分光蛍光光度計

高感度測定・高速測定・安定した測定

高感度測定

SN比 1,000:1(RMS),350:1(P-P)の高感度測定ができます。
定量下限が向上。 1×10-13mol/Lまで測定可能(フルオレセイン)

光学系と信号処理系の再設計により,クラス最高レベルのSN比を実現しました。
極めて希薄な試料でも,正確な測定が可能です。

オートゲイン機能により,10-13から~10-7の6桁以上の広いダイナミックレンジで,高い定量性を保ちながら,わずか1×10-13mol/Lのフルオレセインの蛍光スペクトルも測定できます。

フルオレセインの蛍光スペクトル

フルオレセインの蛍光スペクトル

検量線

検量線

最速60,000nm/minの超高速スキャンが可能です。わずか1秒で全波長域のスペクトルを測定できます。
3次元蛍光スペクトルも短時間で測定できます。

安定した測定

長寿命のキセノンランプを搭載しています。

長寿命で高い安定性を持つキセノンランプを搭載しました。寿命は当社従来機の4倍に相当する2,000時間を実現し,ランニングコストを大幅に削減できます。
また,ランプ交換時の面倒な調整は不要ですので,ランプ交換はお客様が行っていただけます。

高感度・広い測定波長範囲の検出器を搭載しています。

低ノイズで,900nmの長波長域まで測定感度を持つホトマルチプライヤを標準で搭載しています。
クロロフィル,インドシアニングリーン(ICG)など,長波長域に蛍光を持つ物質の測定が可能となりました。
肝機能や肝予備能を知るための検査に用いられる蛍光色素のインドシアニングリーンの励起/蛍光スペクトルを測定しました。
蛍光波長は810nmですが,今まで測定できなかった長波長域まで感度よく測定できました。

インドシアニングリーン(ICG)蛍光色素の励起/蛍光スペクトル

インドシアニングリーン(ICG)蛍光色素の励起/蛍光スペクトル

Top of This Page