オートグラフAG-Xplus シリーズ
精密万能試験機

オートグラフ AG-Xplusシリーズ

特長

NEW 3300mm/min 試験サイクルタイムを短く
5kN以下の卓上形はリターン速度3300mm/min、クロスヘッド速度3000mm/min で駆動するHSタイプを選択頂けます。ゴム等のよく伸びる試験片の場合、試験のサイクルタイムを短くできます。

NEW Short 短柱タイプ(SC形)のラインナップ追加
電気・電子部品など小物部品の試験、圧縮試験を行われる場合に適しています。試験高さが1130mm なので、天井の低い部屋への設置が可能です。試験空間は700mmになります。

NEW 25% 待機時省電力化で、環境負荷低減を進めます
世界的にCO2削減が必要となっております。AG-Xplusは待機時の消費電力を削減し、環境負荷低減に貢献します。フレーム容量により約10~25%の消費電力を削減します。

手軽に応力制御・ひずみ制御

試験中に測定される試験力やひずみのデータをもとに、制御パラメータをリアルタイムでオートチューニング。予備試験も不要で、未知のサンプルデータとも安心して比較することができます。 ISO6892-2009で必要なひずみ制御も、オートチューニング機能で容易に行えます。

鋼鉄分野 鉄鋼業界においては、自動車業界から応力制御に加えひずみ制御による試験の要求も増えてきています。
樹脂分野 樹脂産業においては、新JISでS-Sの初期立ち上げ部分を使用して弾性率を算出するのに不可欠です。
セラミックス分野 セラミックス業界においては、微小変位でサンプルが破壊するため初期から精度良く制御することが求められます。

超高速サンプリング機能により、急激な強度変化を見逃しません

0.2msec(5kHz)の超高速サンプリング機能は、ぜい性材の破断時などの急激な試験力の変化をとらえることができます。また試験中にサンプリング条件の変更が可能であり、重要な部分を細かく解析することができます。 さらに通常、1ロット(5本)で試験を行い最大と最小を除いた3本の平均を求めるのに対し、超高速サンプリングでは2本でもばらつきを抑えたデータを取得でき、試験効率がアップ、お客様のコスト削減にも効果的です。

制御分解能が8倍アップ、試験結果の信頼性が高まりました

速度の制御分解能は、特に低速領域での試験結果に影響を与えます。 AG-Xplusはいままでに類を見ない高い分解能と正確な制御により、必要な試験結果をより正確に得られるようになりました。

小さな力から大きな力まで、S-S-カーブはより正確になりました

ロードセルの精度保証範囲は1/1000~1/1のワイドレンジのため、ロードセルや治具の交換も少なくて済み、試験を効率よく行えます。従来の「レンジ」を「レンジレス」にすることで、試験の正確性がさらに向上しました。

便利になった実物試験

最大12チャンネルのデータを同時にPCに取り込みすぐに解析します。実物試験では、複数のひずみゲージと試験力が同期したデータが扱えるので大変便利です。

安心と信頼

高機能な試験機は、高剛性フレームである事を抜きにしては語れません。AG-Xplus の本体フレームは、新発想の設計により生まれ変わりました。床置形・卓上形すべてのモデルにクロスヘッドガイドを採用し、従来機に比べねじれ剛性を大きく向上させました。
  • 島津製作所はJCSSに基づいた一軸試験機の校正事業者として認定(JIS Q 17025、ISO/IEC 17025)されました。JCSSはアメリカのNVLAPなど世界中の認証と相互認証を行なっており、グローバルなトレーサビリティの確保が行えます。
  • CE適合品です。
  • ISO9001の認証工場で、洗練された熟練者が製作しており、安心してお使いいただけます。

『仕 様』へ >


※外観および仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

トップ