FF-2020

におい識別装置

食品分野における運用例

 におい識別装置の運用例を,測定データの解説を交えながらご紹介します。得られた結果から何がわかるのか? 解説をお読みいただくと,においの変化が何を意味しているのかがわかります。

1. 製品開発

1-1) パン(偏位臭マップ*)
1-2) 銘柄の異なる市販かつおだしのにおい比較(絶対値表現解析 スタンダードモード)
1-3) 等級の異なるお茶のにおい比較(主成分分析)
1-4) 産地の異なるお茶のにおい比較(絶対値表現解析 ユーザーモード)

2. 発酵・熟成工程の評価

2-1) ヨーグルト発酵の評価(絶対値表現解析 ユーザーモード)

3. 品質管理やクレーム評価

3-1) 野菜ジュース混入フルーツジュース(偏位臭マップ*)
3-2) ウーロン茶混入緑茶の判別(品質管理ソフト:特注)

4. 劣化評価(食品風味変化の定量化など)

4-1) 牛乳(偏位臭マップ*)
4-2) 牛乳の劣化(絶対値表現解析 ユーザーモード)


* 「偏位臭マップ法」は,Sシステムでのみ利用できます。

Top of This Page