FF-2020

におい識別装置

においの表現:絶対値表現解析,主成分分析とは?

 FF-2020は,次の2つの”においの表現方法”を採用しています。 におい識別する目的によって使い分けることができます。 においを表現する「絶対値表現解析」,「主成分分析(多変量解析)」の原理についてご説明します。

絶対値表現解析

牛乳の劣化の絶対値表現

牛乳の劣化の絶対値表現

設定した基準ガスとの比較によって,においを数値化やパターン化し,客観的に評価
絶対値表現解析とは,指標とする基準ガスを設定してにおいを表す土俵を作成し,基準ガスとの比較を数値化し,サンプルのにおいの質と強さを土俵上のパターンや数値で表現する島津製作所独自の解析方法です。

特長

  • においの質の類似や相違が,基準ガスのレーダーチャート軸上のパターンとして客観的に表現できます。
  • においの強さを指標として設定したガスの検量線をもとに臭気指数と同じ考えによる予測値(臭気指数相当値)を表示することが可能です。


基準ガスの設定
スタンダードモード: 島津の選定した9種の基準ガスと比較し解析を行います。
ユーザーモード: 任意のガスを基準ガスとして設定して解析を行います。サンプル間の類似性評価などに有効です。

主成分分析(多変量解析)

等級の異なる日本茶の評価

等級の異なる日本茶の評価

多数のサンプルを同一空間で比較可能
主成分分析は,複数のガスセンサを搭載するにおい識別装置の測定データの解析方法として最も一般的に使用される方法です。
解析値を2次元または3次元座標上にプロットし,においマップとして表示します。座標上のサンプルのプロット位置(解析値)が近ければ,においの強さや質の両面でお互いは類似しているという評価ができます。また,においの強さや質の点で違いがあれば,サンプルのプロット位置は離れます。

特長

  • 同じジャンルの多数のサンプルを比較した場合に,そのにおいの強さと質の両面でのグループ分けが分かりやすく表示できます。
  • 基準となるサンプルに対して,他のサンプルがどのくらい近いかをビジュアル的に分かりやすく表示できます。
 
※なお,主成分分析(多変量解析)は,市販のソフトウェアをご利用ください。 

Top of This Page