SALD-7500nano

ナノ粒子径分布測定装置

ハードウェア仕様

全般

測定原理 レーザ回折・散乱法
測定範囲 7 nm(0.007 μm)~ 800 μm(多機能サンプラ使用時)
7 nm(0.007 μm)~400 μm(回分セル使用時)
30 nm(0.03 μm)~280 μm(高濃度測定ユニット使用時)
注1)測定範囲は,粒子の形状等の性質に依存します。

本体(測定部):SALD-7500nano
光源 半導体レーザ(波長405 nm)
受光部 半導体レーザ用検出素子採用 合計84素子(前方78,側方1,後方5)
規格 クラス1レーザ製品
所要電源 AC100V±10%,1A,50/60Hz
大きさ・重さ 約W680×D280×H430 mm,約32kg
使用環境 温度:10~30℃,湿度:20~80%(結露しないこと)
注2)USBケーブル(2 m),参照試料を標準付属
注3)参照試料の測定には,70~200 W程度の超音波洗浄機が必要となります。超音波洗浄機は特別付属品としてご用意しております。(超音波洗浄機,100 W)


多機能サンプラ:SALD-MS75
分散槽 容量:100 / 200 / 300 mL
超音波発振器 周波数:約32 kHz,出力:約40 W
送液ポンプ ラジアルポンプ(最大流量:2000 cm3/min)
送液部材質 ステンレス(SUS304,SUS316),四フッ化エチレン(PTFE),パーフロロエラストマー(FEP)
給水ポンプ ダイヤフラムポンプ(最大流量:750 cm3/min)
給水ポンプ材質 ポリプロピレン
フローセル 石英ガラス
所要電源 AC 100 V±10%,2 A,50/60 Hz
大きさ・重さ 約W390 × D520 × H430 mm,約18 kg
使用環境 温度:10~30℃,湿度:20~80%(結露しないこと)
注4)USBケーブル(2 m)を標準付属

回分セル:SALD-BC75
材質 石英ガラス
必要液量 約5 cm3
攪拌機構 攪拌プレートの上下運動による
大きさ・重さ 約W100 × D120 × H140 mm,約0.8 kg
使用環境 温度:10~30℃,湿度:20~80%(結露しないこと)

高濃度測定ユニット:SALD-HC75
材質 ほう珪酸ガラス
必要液量 約0.15 cm3
大きさ・重さ 約W20 × D100 × H9 mm,約0.2 kg
使用環境 温度:10~30℃,湿度:20~80%(結露しないこと)

ソフトウェア仕様

WingSALD II

測定およびデータ処理
粒子径分布測定 マニュアルモード・アシストモードの2モード
屈折率自動計算機能 LDR法(Light Intensity Distribution Reproduction Method)による物質名指定または範囲指定をして自動計算
リアルタイム表示 粒子径分布/光強度分布同時表示
粒子径分布再計算 最大200データ一括計算 および 単一データ個別計算
粒子径分布データ表示 最大200データ重ね描き および 単一データ
光強度分布データ表示 最大200データ重ね描き および 単一データ
診断・調整 自己診断機能,セルチェック機能
統計処理 最大200データ(最大200データの重ね描きも可能)
時系列処理 最大200データ
三次元表示 最大200データ
クリップボードによるデータ転送 イメージ出力,テキスト出力
データのソーティング ファイル名,サンプルID,サンプルNo. または 屈折率の順番で並べ替え
出力条件
粒子径μm)分割数 固定101分割/51分割 または 任意(ユーザー設定可能)51分割
粒子量(%)分割数 固定51分割 または 任意(ユーザー設定可能)51分割
分布基準 個数,長さ,面積,体積
積算分布の表現 フルイ上,フルイ下
頻度分布の表現 q,q/Δx,q/Δlogx
スムージングレベル 10レベル
分布関数のあてはめ ロジンラムラー分布,対数正規分布
データシフト ±10レベル
レポート機能 単一データ(テンプレート6),重ね描きデータ(テンプレート5),統計データ,時系列データ,三次元データを選択して一括出力可能
データ解析機能
散乱角評価機能 最大200データ重ね描き および 単一データ
データ変換機能 他機種・他原理の粒子径分布データのエミュレーション
混合シュミュレーション機能 最大6点
データ接続機能 2データを接続可能
連続測定機能 最短1秒間隔で最大200データの連続測定が可能
注5)LDR法(Light Intensity Distribution Reproduction Method)は実測された光強度分布パターンと粒子径分布データから再現(再計算)された光強度分布データの一致性から屈折率を計算する手法です。
これは弊社が独自に開発した手法であり,2件は論文として発表されています。学会などでは「木下の手法」と呼ばれています。
注6)ソフトウェアはPCセットでの販売となります。

Top of This Page