SALD-MSシリーズ

SALDシリーズ用多機能サンプラ

多機能サンプラ

 レーザ回折式粒子径分布測定装置において、最も基本的、あるいは、最も一般的とされる測定手法が循環式測定です。SALD-2300およびSALD-7100では、多機能サンプラSALD-MSシリーズがこの循環測定を実現します。 下図に示す構成・構造のように、測定部(光学系)内部にセットされたフローセルと多機能サンプラの分散槽の間を、媒液に分散させた粒子群を循環させながら粒子径分布の測定を行ないます。

フローセル

多機能サンプラと
フローセル

 多機能サンプラでは、サンプル量が比較的多いので、分布幅の広いサンプルを測定してもサンプリング誤差の影響を受けにくくなります。また、循環させながら測定するので、比較的粒子径の大きなサンプルや密度の大きなサンプルについても、沈降の影響を受けにくいという特長を持っています。最終的には回分セルなどのサンプル量が少ないサンプリングユニットを採用する場合でも、多機能サンプラを用いた測定結果がサンプリングユニット選択の基本となります。

形名 対応機種 部品番号(P/N)
SALD-MS23 SALD-2300 S347-61701-41
SALD-MS71 SALD-7100 347-60711-10

特長

Top of This Page

お問い合わせ