SALD-DS5

SALD-3100/2300/2200用サイクロン噴射型乾式測定ユニット


サイクロン方式のサンプル吸引機構を採用
吸引と噴射の2段階で作用する強力な気相分散機構を実現!

乾燥サンプルの粒度分布を高精度、高感度、高再現性、高分解能で測定

乾式測定システムSALD-2300とSALD-DS5

用途

  • 液体に溶解するサンプル(医薬品、粉末食品など)
  • 液体中で凝集しやすいサンプル(磁性粒子など)

特長

  • SALD-2200、2300、SALD-3100の2機種に対応しています。
  • 3種類のサンプル吸引機構(サイクロン方式、ワンショット方式、ハンドショット方式)と3種類の噴射ノズルを標準装備、サンプルの特性や量に合わせて最適な組み合わせで測定を行うことができます。
  • サイクロン方式では、専用バイアルビンに装填したサンプルを旋回させながら吸引し、さらにノズルから噴射して測定を行います。吸引と噴射の2段階で分散力が作用するため、凝集体を多数含むサンプルについても再現性のよい測定が実現できます。また、バイアルビンを使用するので、サンプルの飛散がなく、オペレータの手も汚れません。
  • ワンショット方式では、小さなホッパにサンプルを投入するだけで測定でき、少量のサンプルに適しています。
  • ハンドショット方式ではビーカや薬包紙から直接サンプルを吸引し測定することができます。

※外観および仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。

特長:構造システム構成測定データ仕様/特別付属品

Top of This Page