Xslicer SMX-6000

マイクロフォーカスX線検査装置

Easy Operation -直感的な操作-

大型モニターとシンプルなボタンレイアウトで視認性がよく直観的な操作を実現。
初めての方でも簡単にX線検査が可能です。(画像をクリックすると詳細をご覧になれます)

(1)大型モニターを採用
27インチ大型モニターを搭載。シンプルなボタンレイアウトと高解像度大型検出器の採用により,視認性がよく詳細な観察が可能です。

(2)X線画像で位置決め
X線画像上の任意のポイントをクリックするだけでXY・傾動・回転および視野サイズ変更などすべてのステージ移動を制御できます。

(3)外観画像で位置決め
外観画像撮影専用カメラを搭載し,ステージ全域を撮影します。
外観画像の任意の位置をクリックするだけで,ステージの位置決めが可能です。もちろん外観画像をズームすることができるので,部品レベルで詳細な位置決めが可能です。モニターから視線を外すことなく操作が可能です。

Easy Operation - シンプルなワークフロー -

ワークセットからわずか 3-StepでX線透視撮影が可能です。

STEP1 ワーク交換

ワーク交換ボタンをクリックします。

 ●X線照射を停止
 ●正面扉の電磁ロックを解除
 ●ステージが自動的にワークを交換しやすい位置まで移動

STEP1 ワーク交換
step

STEP2 検査開始

正面扉を閉めて開始ボタンをクリックします。

 ●X線を照射
 ●ステージ全景の外観画像を撮影

STEP2 検査開始
step

STEP3 位置決め

撮影された外観画面上をクリックすることでおおまかに位置をあわせ,次にX線画像上をクリックすることで,目的の観察ポイントにたどり着くことができます。

新UIを搭載し,全ての移動操作はX線画像上のクリック&ドラッグにより実現しています。
モニターから視線を外すことなく素早い移動操作が可能です。

<中心位置移動>
X線画像表示エリアをクリックするとクリックした位置が表示エリアの中心になります。

STEP3 位置決め - 中心位置移動

<拡大>
X線画像表示エリア内で左から右にドラッグすると,ドラッグした範囲が表示エリア全体に表示されるように拡大します。

STEP3 位置決め - 拡大

<縮小>
X線画像表示エリア内で右から左にドラッグすると,一定倍率で縮小します。

STEP3 位置決め - 縮小

Top of This Page