inspeXio SMX-225CT FPD HR Plus

マイクロフォーカスX線CTシステム

Easy and Fast CT Scan

直観的なUIを採用

シンプルなボタン配置の新UIを搭載。誰でも直観的な操作が可能です。

システム画面 ステージ位置,撮影視野,ボクセル等量長などをリアルタイム表示(黄色枠)。
分解能や視野サイズを指定した撮影を容易にします。
MPR画面 スライス画像,オブリーク画像,ダブルオブリーク画像を表示。
簡単に断面観察が出来ます。

MPR画面

システム画面

サポート機能「おまかせCT」

誰でも簡単に撮影条件を設定できる新サポート機能「おまかせCT」を搭載。
材質と,断面画像の解像度・コントラストを選ぶだけで最適な撮影条件が設定できます。

サポート機能「おまかせCT」

超高速演算システムHPCinspeXio ver. 3.0 超高速演算システムHPCinspeXio ver.2

超高速演算システムHPCinspeXioが更に高速化。
従来のHPCinspeXioに比べ最速で約50倍の高速化を実現しました。
※「取込みモード:はやい」場合,断面画像サイズ1024画素×1024画素設定の設定時

超高速演算システムHPCinspeXio ver. 3.0

2048画素×2048画素コーンビームCT再構成をさらに高速化 超高速演算システムHPCinspeXio ver.2

超高速演算処理システムをアップデートし,2048画素×2048画素コーンビームCT再構成の処理時間を1.5倍に短縮しました。
※「きれい」,1200View,フルスキャン,スケーリング係数 AUTO,2048×2048再々構成において

わずか3stepでCT撮影

撮影前の校正作業が不要。ワークをセットしてすぐに撮影開始が可能です。

CT撮影領域3次元表示機能

CTステージの移動に合わせてリアルタイムでMPR画面上にCT撮影領域をオーバーレイ表示。
一度CT撮影した結果をもとに,気になる部分を更にCT撮影可能です。

CT撮影領域3次元表示機能

どこでも3次元拡大再構成 超高速演算システムHPCinspeXio ver.2

一度撮影したデータから注目箇所だけを拡大して再構成演算が可能です。幾何拡大倍率の上げにくいワークにおいても高倍率の断面画像を得ることができます。高解像度検出器を搭載しているため,拡大再構成を行ってもシャープな断面データを得ることができます。再構成演算だけなので,再撮影は必要ありません。

Top of This Page