金属アーチファクト低減ソフトウェア

実施例

コネクタ

フォトセンサー

リチウムイオン電池

ご注意

  • 本ソフトウェアは、inspeXio SMX-225CT FPD HR で生成したCT画像データが対象です。その他の装置で撮影したCT画像は読み込みできません。
  • 本システムは必ずしも、すべてのワークにおいて、金属アーチファクトを低減できるわけではありません。
  • ワーク形状および、材質、各装置での走査条件、走査方法等により、アーチファクトの低減効果は変わります。導入前に必ず実ワークでの効果を確認してください。
  • 本ソフトウェアで出力したCT画像データでは、計測精度を保証できません。
  • inspeXio SMX-225CT FPD HRの制御コンピュータへのインストールが可能です。
  • X線管球や検出器等、装置に搭載している機器の経年劣化により、アーチファクト低減効果が変わる可能性があります。
  • 本書記載内容は、予告なく変更されることがあります。

Top of This Page