inspeXio SMX-225CT FPD Plus

マイクロフォーカスX線CTシステム

 

高性能を実現させる基本システム

システム構成と原理

下図のようにX線発生装置とX線検出器との間に検査対象物(ワーク)を設置します。
360°回転させて,あらゆる角度からのX線透過データを収集して,断面画像を計算します。

システム構成と原理

 

MPR表示(任意断面表示)
Multi Planar Reconstruction の略。

複数枚の断面画像を仮想空間上に積み上げて,断面画像/互いに直交する縦断面画像/縦断面画像に直交する任意断面画像を4つ並べて表示します。

VR表示
Volume Rendering の略。

複数枚の断面画像を仮想空間上に積み上げて,立体的に表示します。VR表示には別途,3次元画像処理ソフトウェアが必要です。
 

オリジナルユーザーインターフェースによる簡単操作

直観的なUIを採用

シンプルなボタン配置の新UIを搭載。誰でも直観的な操作が可能です。

 

システム画面 ステージ位置,撮影視野,ボクセル等量長などをリアルタイム表示(黄色枠)。
分解能や視野サイズを指定した撮影を容易にします。
MPR画面 スライス画像,オブリーク画像,ダブルオブリーク画像を表示。
簡単に断面観察が出来ます。

MPR画面

システム画面

サポート機能「おまかせCT」  NEW!!

誰でも簡単に撮影条件を設定できる新サポート機能「おまかせCT」を搭載。
材質と,断面画像の解像度・コントラストを選ぶだけで最適な撮影条件が設定できます。

サポート機能「おまかせCT」

直感的な操作による簡単位置決め

わずか3stepでCT撮影

撮影前の校正作業が不要。ワークをセットしてすぐに撮影開始が可能です。

CT撮影領域3次元表示機能

CTステージの移動に合わせてリアルタイムでMPR画面上にCT撮影領域をオーバーレイ表示。
一度CT撮影した結果をもとに,気になる部分を更にCT撮影可能です。

超高速演算処理システムを搭載

超高速演算システムHPCinspeXio ver. 3.0 NEW!!

超高速演算システムHPCinspeXioが更に高速化。
従来のHPCinspeXioに比べ最速で約50倍の高速化を実現しました。
※断面画像サイズ1024画素×1024画素の設定時

超高速演算システムHPCinspeXio ver. 3.0

2048画素×2048画素コーンビームCT再構成をさらに高速化 NEW!!

超高速演算処理システムをアップデートし,2048画素×2048画素コーンビームCT再構成の処理時間を1.5倍に短縮しました。
※1200View,フルスキャン,スケーリング係数 AUTO,2048×2048再々構成において

ユーザーをサポートする多彩なオリジナル機能

どこでも3次元拡大再構成 NEW!!

一度撮影したデータから注目箇所だけを拡大して再構成演算が可能です。幾何拡大倍率の上げにくいワークにおいても高倍率の断面画像を得ることができます。再構成演算だけなので,再撮影は必要ありません。

対人 ドアインターロック機構(X線)

スライド扉には二重のインターロック回路を設けています。スライド扉が開いた状態では絶対にX線は照射できません。

 

対人 ドアインターロック機構(CTステージ)

スライド扉が開いている間は内部のCTステージの動作を停止させます。

対人 スライド扉指はさみこみ防止機構

ドア・セーフティ

スライド扉を閉める際,指はさみこみ事故が起きないように,指はさみこみ防止機構を搭載しています。
ドア・セーフティを解除して,スライド扉を閉めます。

対物 衝突検知センサ

X線発生装置の周囲に衝突検知センサを搭載しており緊急時(ワーク衝突時)はCTステージを停止させます。

対物 ソフトウェアリミット

ワークサイズに応じて設定されたソフトウェアリミット機能により,衝突事故を未然に防ぎます。

Top of This Page