DPiMS-2020

さまざまな分野で利用できるDPiMSの性能

 

界面活性剤の混合物解析

シャンプーや洗口薬,液体石けんといった家庭用の化成品は,人への使用が許可された限られた種類の界面活性剤を配合して作られます。
複数の界面活性剤を混合したサンプルを測定することで,スペクトルパターンの変化を簡単に確認することができました。
シャンプーなどの場合,直接プレートに添加するだけで測定できる場合もあり,とても簡単に分析結果が得られます。

 

簡便な操作性とメンテナンス性

探針交換

かんたん操作は,DPiMSの基本です。探針の脱着は探針操作用ピンセットを使って行います。探針操作用ピンセットで探針を挟んで,イオン化部の探針取付位置に簡単に挿し込んだり,外したりすることができます。

DL交換

「かんたんメンテナンス」をLCMSから継承。
サンプルを真空部に導入するD L(Desolvation Line)は真空状態のまま短時間で簡単に交換できるので,分析のダウンタイムを最小限にとどめることが可能です。

 

分析ソフトウェア PESI MS Solution

探針制御とMSのメソッドファイルをそれぞれ編集し,PESI MS Solutionから測定を開始します。
スキャン範囲やSIMの設定は,LabSolutions LCMSのメソッド編集画面から行います。分析は,PESI MS Solutionから探針制御とMSメソッドを選択するだけで,簡単に始められます。分析中は,LabSolutions LCMSの画面からステータスを確認することができます。

血清中シアンの有無検出

法医などの現場においては,簡便な前処理のみですぐに分析できる方法が特に望まれています。シアン化合物の摂取を疑うヒト由来試料からの迅速スクリーニング法を試しました。
微量のシアンを含む血清に,誘導体化[1]試薬(タウリンとナフタレンジアルデヒド)を添加し,混合したサンプルを測定しました。In-source CIDを用いて,血清中のシアン化合物を検出することができました。
血清をわずか10 μLしか使用しないため,他の測定との併用も可能であり,疑い例程度のスクリーニング目的の試験を簡便に行うことができます。

 

PESI-MS マスクロマトグラム

PESI-MS マススペクトル

参考文献 [1] S. Chinaka, N. Takayama, Y. Michigami, and K. Ueda. J. Chromatogr. 713: 353‒359 (1998)
データ取得および試料調製については,国立大学法人名古屋大学大学院 医学系研究科 財津桂 准教授,林由美 助教にご助言をいただきました。

化学分野における合成反応のリアルタイム追跡(ペプチドの脱保護反応)

ペプチドの脱保護反応を分析プレート中で継時的にトレースしました。プレート上でアミノ酸の保護基を外す試薬を混合し,化学反応をリアルタイムで追跡しました。約4分程をかけて保護基が付いた分子のイオンが減衰することを確認しました。
探針による微量サンプリングにより,サンプルの状態を変えないリアルタイムモニタリングが可能です。

 

データ取得および試料調製については,
国立大学法人名古屋大学大学院 医学系研究科 財津桂 准教授,林由美 助教にご助言をいただきました。

機能性食品材料の評価

DHAなどの多価不飽和脂肪酸は魚などに多く含まれますが,熱に弱く酸化するため,安定して取り続けることが難しい場合もあります。そのため,健康補助食品としてカプセルに包まれたサプリメントとして提供されています。
サプリメントに含まれるDHAとEPAがUV照射により酸化したことを,これらの物質由来のピークの減少を見ることで簡単に確認できました。劣化などのチェックを迅速,簡単に行うことができました。

 

頑健性と簡便性を両立したプロダクト

 

高濃度のサンプルにも対応できるイオン化法

濃度が分からないサンプルを直接MSに導入することはできません。経験的に濃度を予想できる場合には問題ないのですが,あらかじめ複数の希釈サンプルを用意してから測定することが多いのではないでしょうか。
DPiMSは,探針プローブの先端にわずかに付着した液体をイオン化させてMSで測定するために,MSへの導入量を微量に抑えることができます。とりあえず,測ってみる。それが簡単にできる装置です。

とりあえずの測定に最適

LC-MSで測定を行う場合,サンプル準備,移動相準備などいわゆる測定までの準備に手間と時間がかかります。 DPiMSでは,サンプルはプレートに滴下するだけ,もしくは溶媒と混合するだけで準備完了です。測定も2~4分程度のMS分析だけで結果が得られるので,ちょっと測ってみたい,という要望に簡単に応えることができます。

 
 

Top of This Page

お問い合わせ