四重極型LCMS用
トラップフリー2次元LCMSシステム

Question :
不揮発性移動相条件で検出された不純物をLCMSで測定する場合,揮発性移動相の条件検討が必要でしょうか?
 

トラップフリー2次元LC/MS 不純物同定システム

Solution :
いいえ,必要ありません。トラップフリー2次元LC/MSシステムならオンラインで移動相を変換することができます。

オンラインで不揮発性移動相から揮発性移動相に変換。Labsolutionsと連携した便利なサポートツール。狙った不純物のみをMSに導入するため誤同定の心配がありません。

トラップフリー2次元LC/MS不純物同定システムの分析フロー

サポートツールを用いてタイムプログラムとバッチを作成

1次元目のUVクロマトグラム上で観測された不純物ピークの保持時間を入力するだけで,最適なバルブシーケンスを組み込むことができます。また,複数の不純物とそれぞれのブランクデータを取得するためのバッチスケジュールも作成することができます。

サポートツールを用いてタイムプログラムとバッチを作成

サポートツールを用いてタイムプログラムとバッチを作成

不純物解析を強力にサポートするソフトウェア

LabSolutionsの付属機能であるデータブラウザを利用してサンプルとブランクのデータを比較することで,不純物のマススペクトルを容易に確認することができます。

データブラウザにサンプルとブランクのデータを表示した例

⇒(関連情報)トラップフリー2次元LC/MS不純物同定システムによる医薬品中の不純物分析

注意事項
1.本システムは,LCユニット,質量分析計,およびスタートキットで構成されます。
2.スタートキットには,専用ソフトウェアと必要な配管部品一式が含まれています。

Top of This Page