LCMS-2020, LCMS-8030/8040/8045/8050/8060(NX), LCMS-9030用 LabSolutions LCMS Ver. 5.99 SP2 アップデートプログラム


LabSolutions LCMS Ver. 5.31 ~ 5.99 SP1 を Ver. 5.99 SP2 へアップデートするプログラム(日本語版)を用意いたしました。 制限事項およびアップデートの方法についてはそれぞれの項目をご参照ください。

<ご注意>

  1. CLASS-mates を受け取られた方が対象です。
  2. LCMS-2020,LCMS-8030,LCMS-8040,LCMS-8045,LCMS-8050,LCMS-8060(NX),LCMS-9030 が対象です。
  3. 新しいバージョンで作成したファイルを古いバージョンで使用すると,予期せぬエラーがおきる場合があります。そのため,新しいバージョンで作成したファイルを古いバージョンで使用することは保証されていません。
  4. LabSolutions LCMS Ver. 5.99 SP2 アップデートプログラムはファイルサイズが大きいため,DVD等の大容量メディアまたはUSBメモリなどが必要です。
  5. アップデートプログラムのダウンロードの際,接続環境によっては大変時間がかかることがあります。
  6. オプションソフトウェアをインストールされている場合は,オプションソフトウェアを一旦アンインストールしてから LabSolutions LCMS のアップデートを行い,オプションソフトウェアを再インストールする必要がありますので,ご注意ください。
  7. LabSolutions LCMS Ver. 5.99 SP2 は,LCMS-2020,LCMS-8030/8040/8045/8050/8060(NX)/, LCMS-9030 および LCMS-2010シリーズのデータファイルやメソッドファイルの解析処理をすることができますが,LCMS-IT-TOFのファイルはサポートしていません。また,LCMSsolution Ver.3 で作成したレポートファイル,およびデータファイルに格納されているレポートテンプレートは処理することができませんのでご注意ください。
  8. Neonatal Solution をお使いの環境では,LabSolutions LCMS Ver. 5.99 SP2 へのアップデートはしないでください。
  9. LabSolutions Insight をお使いの環境で,LabSolutions LCMS Ver. 5.99 SP2 へアップデートした場合は,LabSolutions Insight Ver. 3.7 以降へアップデートをお願いします。
  10. LabSolutions Connect MRM をお使いの環境で,LabSolutions LCMS Ver. 5.99 SP2 へアップデートした場合は,LabSolutions Connect MRM Ver.2.1 SP1 へアップデートをお願いします。
  11. LabSolutions LCMS Ver. 5.96 または 5.95でLCMS-9030をお使いの環境では,Ver. 5.99 SP2 へのバージョンアップの前に,エンジニアによる装置内デジタイザ基板のバージョンアップが必要になります。詳しくは弊社コールセンターまでお問い合わせください。
  12. LabSolutions LCMS Ver. 5.95以降のバージョンでは,SP1が適応されていないWindows7のサポートはしていません。バージョンアップの前にSP1を適応するようにご注意ください。
  13. LCMS-9030をお使いの環境でサンプルデータが必要な場合は,「Q-TOF用サンプルデータ」よりダウンロードの上,展開後に C:\LabSolutions\Sample\Q-TOF にコピーしてください。
 

アップデート作業終了時には,お客様が日常使用されている機器管理記録に,本作業の結果を記録してください。 なお,アップデート作業に関係する問題が発生した場合の対処をお客様責任で行えない場合は,本作業は当社サービス員にご依頼ください(有償)。

 

[用 途]

LabSolutions LCMS Ver. 5.31 ~ 5.99 SP1 から Ver. 5.99 SP2 へのアップデート

[制限事項]

  • CLASS-mates を受け取られた方が対象です。
  • 標準据付されたPCとOSのセットに対してのみアップデートできます。
  • PDFファイルの表示/印刷には,Adobe Systems社のAcrobat® Reader,または Adobe® Reader が必要です。(Acrobat® Readerのバージョン6以下では正しく表示できません)

[アップデート方法]

アップデート作業は,必ず"管理者権限"でPCにログインして行ってください。
また,USBライセンスドングルを抜いて実施してください。(USBライセンスドングルをご使用の場合のみ)

  1. アップデートプログラムのダウンロード
    下記のリンクからアップデートプログラムの圧縮ファイルをダウンロードしてください。ダウンロードファイルは,Windows®の標準機能で展開できるZIP形式となっています。ダウンロードするファイルの保存場所はどこでもかまいません。
     
  2. アップデートプログラムのコピー
    ブランクのDVDや十分に空き容量のあるUSBメモリなど,大量のデータを他のPCに持ち運ぶことのできるメディアを用意し,1.でダウンロードしたファイルをコピーします。 このメディアを使用して LabSolutions LCMS のバージョンアップを行うPCにアップデートプログラムをコピーします。 フォルダのコピー先はどこでもかまいません。
    ここでは,アップデートプログラムのダウンロードと LabSolutions LCMS のバージョンアップを別々のPCで行うことを前提として説明しています。LabSolutions LCMS のバージョンアップを行うPCに直接アップデートプログラムをダウンロードする場合,本コピー操作は不要です。
    アンインストール/インストールは外付けHDDやUSBメモリを取り外して実施してください。取り付けた状態で実施すると,正しくインストールできないことがあります。
  3. アップデートプログラムの展開
    コピーしたアップデートプログラムを,LabSolutions LCMS をアップデートするPC上で展開します。 コピーしたアップデートプログラムを右クリックして「すべて展開」を選択してください。 あとは画面の指示にしたがってファイルを展開してください。
    展開先のフォルダパスに2バイト文字が含まれるとアップデートプログラムは正しく動作しません。2バイト文字を含まないフォルダに展開してください。
    ・2バイト文字とは,日本語のカナや漢字などの全角文字のことを指します。
  4. アップデートプログラムの実行
    アップデート説明書に従い,LabSolutions LCMS のアップデートを行ってください。



Windows®は,米国マイクロソフト社の登録商標です。
Acrobat® Readerは,Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

Top of This Page