多彩なLC/MS/MS オプションソフトウェア

LC/MS/MS メソッドパッケージ,
MRM ライブラリ
LC/MS/MS用ソフトウェア
LabSolution Connect
多変量解析支援ソフトウェア
Profiling Solution

LC/MS/MS メソッドパッケージ,MRM ライブラリ

効率よく多成分一斉分析を実施いただくために,各種メソッドパッケージ,MRMライブラリをご用意しています。分離条件の検討や各化合物に対するMSパラメータの最適化などの煩雑な作業なしに分析をはじめることができます。

LC/MS/MS メソッドパッケージ,マイコトキシン
MRMトランジションを利用した,リン脂質の帰属

マイコトキシン高速一斉分析

全27成分のマイコトキシン分析が可能なメソッドを提供します

マイコトキシン25成分,高感度条件による16成分,APCIを用いた10成分分析メソッドに加え,個別メソッドとしてパツリン分析メソッド,アフラトキシン類分析メソッド,トリコテセン系分析メソッド,フモニシン類分析メソッドを収載しています。

⇒製品詳細はこちら

LC/MS/MS MRMライブラリ,リン脂質

腸内細菌叢が産生する短鎖脂肪酸をLC/MS分析可能にした測定プラットフォーム

腸内細菌によって産生される短鎖脂肪酸には,酢酸,プロピオン酸,酪酸などが知られており,肥満・糖尿病をはじめとする生活習慣病との関連が報告されています。
一般的に短鎖脂肪酸は揮発性が高く,親水性が高いため,通常の逆相系でのLCMS分析は困難です。そこで,本メソッドパッケージでは3-ニトロフェニルヒドラジン(3-NPH)によって誘導体化した短鎖脂肪酸(C2 ~ C5)を対象として,MRM transitionの設定を行うことにより,中心代謝経路に関連した有機酸と合わせて一斉分析(22 成分)に対応しています。

⇒製品詳細はこちら

LC/MS/MS MRMライブラリ,リン脂質

食肉,卵,牛乳中のアミノグリコシド系抗生物質の定量および同定のための完全なソリューション

MRMトランジションを利用した,リン脂質の帰属

LabSolutions Insightと併用することにより,測定から解析までの作業を効率化

アミノグリコシド系抗生物質は,牛,羊,ブタおよび家禽に対する細菌の感染防止のために広く使われています。各国・地域の規制当局は各化合物の畜産物中の残留基準値(maximum residue limits: MRL)を設定しています。アミノグリコシド系化合物は極性が非常に高く,通常の逆相クロマトグラフィーによる分離では,イオンペア試薬が使われます。
本メソッドパッケージでは,親水性相互作用液体クロマトグラフィー(HILIC)を用いたLC-MS/MS による,全規制対象アミノグリコシド系抗生物質の一斉定量分析ソリューションを提供します。

⇒製品詳細はこちら

LC/MS/MS MRMライブラリ,リン脂質
MRMトランジションを利用した,リン脂質の帰属

MRMトランジションを利用した,リン脂質の帰属

トリプル四重極LC/MS/MSを用いたリン脂質プロファイリング

本MRMライブラリは,C14 ~ C22 からなる脂肪酸を含んだリン脂質を分析対象としており,生体中の主要なリン脂質の網羅的解析としてリン脂質クラス決定メソッドを,またその分析結果から推定される脂肪酸組成決定メソッドとして最大867成分のMRMトランジションを含んでいます。本ライブラリでは,1 回目の分析としてリン脂質クラス決定メソッドを行い,検出されたリン脂質ピークから予想される脂肪酸組成決定メソッドを編集して2回目の分析を行うことで,リン脂質のプロファイリングを行います。

⇒製品詳細はこちら

細胞培養プロファイリング メソッドパッケージ
多種多数にわたる培地成分の一斉分析を迅速かつ手間いらずでおこなえます!

培地成分および細胞からの分泌代謝物を対象としたメソッドで,培地分析プラットフォームとしては 最大の95成分の一斉分析が可能。詳細な細胞培養プロファイル(細胞培養によって消費された培地成分あるいは蓄積された分泌代謝物の評価)の情報取得を可能にします。(2015年4月8日発売)
※ 2015年4月当社調べ
⇒製品詳細はこちら

LC/MS/MS MRMライブラリ 代謝酵素(酵母)
酵母の代謝酵素の定量プロテオミクスをサポートするMRMライブラリ

真核生物のモデル生物として,もしくは近年では,バイオエタノール生産において研究開発がおこなわれている,出芽酵母の中心代謝経路に関連する228種類の代謝酵素を分析するための,計3584のMRMトランジションを収載したライブラリをご提供。
感度や選択性が高く,また抗体が不要といった利点を持つ,トリプル四重極LC/MS/MSを用いた定量プロテオミクスを微生物の代謝酵素について迅速かつ簡便におこなえます(2015年1月23日発売)。
※ 全てのMRMトランジションに対して13CラベルされたペプチドのMRM分析条件を収載しています。
※※ LC条件は含まれておりません。

⇒製品詳細はこちら

LC/MS/MS薬毒物迅速スクリーニングシステム Ver.2
QuEChERSによる薬毒物の迅速スクリーニング

QuEChERSによる薬毒物の迅速スクリーニング

法医学分野で事例の多い161成分の薬毒物を登録

乱用薬物や精神神経用剤,睡眠鎮静剤などを含む計161成分の一斉分析メソッドおよび個別メソッドが含まれています。さらにスクリーニング測定のために最適化されたシンクロナイズドサーベイスキャン条件(MRMでの強度をしきい値としたプロダクトイオンスペクトル採取条件)をご提供。
更に,QuEChERS法を薬毒物スクリーニング用に最適化した前処理法をご提供,前処理から分析・解析までのトータルプラットフォームとしてご利用いただけます。
LC分離条件を見直し分析時間を30分⇒15分に短縮,ネガティブイオン化モード用の内部標準物質を追加,収録成分数を106成分⇒161成分に増加した Ver.2を発売(2014年11月28日発売)
※QuEChERS(Quick,Easy,Cheap,Effective,Rugged,Safe)法
2003年,Anastassiadesらにより食品や農産物中の残留農薬分析の前処理として開発された手法。


⇒製品詳細はこちら

一次代謝物LC/MS/MSメソッドパッケージ Ver.2
PFPP メソッドによる多成分一斉分析を行い,得られた各代謝物のピーク面積に基づいた面積比比較(Methylation 回路)

PFPP メソッドによる多成分一斉分析を行い,得られた各代謝物のピーク面積に基づいた面積比比較(Methylation 回路)

解糖系,TCA回路,ペントース・リン酸回路,アミノ酸,ヌクレオチドからなる55成分の代謝物(イオンペア試薬使用メソッド)と97成分の代謝物(PFPPカラム使用メソッド)を登録

生体内主要代謝経路に含まれる一次代謝物やアミノ酸・ヌクレオチドを含む55成分の一斉分析及び個別メソッドが含まれており,生体内における代謝物変動を多成分一斉分析にて解析できます。
また,生体組織から組織抽出物を調製するまでのプロトコールが含まれており,実績のある前処理法を使うことで手法開発の手間を減らし,安定した LC/MS/MS 分析を行うことができます。
PFPP(Pentafluorophenylpropyl)カラムを用いた分析メソッド(代謝物97成分)を追加したバージョン2を発売(2014年9月2日)

⇒製品詳細はこちら

脂質メディエーターLC/MS/MSメソッドパッケージ
各種脂質メディエーターをメソッドパッケージで一斉分析

各種脂質メディエーターをメソッドパッケージで一斉分析

幅広い脂質メディエーター群の分析をUFMS技術がカバーします

脂質メディエーター(生理活性脂質)は,生体内で重要な生理機能を担うとともに,糖尿病やアレルギー疾患など生活習慣病にも関係します。本メソッドパッケージでは,アラキドン酸カスケードに由来する脂質メディエーターやその関連物質158成分の一斉分析条件を用意しました。これらの一斉分析において必要となる分析条件検討や各化合物 に対するMSパラメータの最適化など,煩雑な作業をすることなく分析をはじめることができます。
また,広範な極性範囲の脂質メディエーター群も,LCMS-8050の高速極性反転性能(5 ミリ秒)により,例えば脂肪酸のイオン化はESI(-),システイニルロイコトリエン類にはESI(+)のイオン化が1回の分析でおこなえます。(ver.2を2014年11月19日発売)

⇒製品詳細はこちら

LC/MS/MSメソッドパッケージ,法薬毒物

法薬毒物メソッドパッケージは,法医学分野で行われている薬毒物スクリーニング分析におけるトリプル四重極型質量分析計の利用を前提として開発されたメソッドパッケージです。被験者から採取した尿や血液中に禁止薬物等が混入しているかどうかをMRMをトリガーとしたプロダクトイオンスキャン測定(Synchronized Survey Scan®,以下SSS)で確認します。本メソッドパッケージには,禁止薬物(87),向精神薬(105),睡眠薬(70),その他(24)のそれぞれのSSSメソッドが含まれているだけでなく,救命救急や検死の際に重要となる化合物群を研究者からのインプットに基づいてまとめたダイジェスト100化合物(禁止薬物: 30,向精神薬: 18,睡眠薬: 37,その他: 15)のSSSメソッドも含まれています。さらに,計286化合物の化合物情報とプロダクトイオンスキャンスペクトルがライブラリに登録されていることに加え,各化合物のMRM条件やプロダクトイオンスペクトル測定パラメータも最適化されたものが含まれていますので,必要な化合物のみを選択した新規測定メソッドを作成可能です。
※ 仕様等詳細については当社営業支店までお問い合わせください

水質分析(水質農薬/ゴルフ場農薬)メソッドパッケージ 動物用医薬品メソッドパッケージ 残留農薬メソッドパッケージ

上記画像をクリックして製品詳細ページへアクセス!

多変量解析支援ソフトウェア Profiling Solution Ver.1.1

LCMS-IT-TOF,LCMS-2020/8030/8040/8050/8060,GC-MSデータに対応
Profiling Solution Ver.1.1は,クロマトグラムから得られる膨大な情報を解析するソフトウェアです。複数のデータファイルから全てのピークを抽出し,テーブルにまとめることで,多変量解析に必要なピークテーブルを作成します。また,Profiling SolutionはLC-MSおよびGC-MSのいずれの装置にも対応し,幅広い分析手法を用いた多変量解析を支援します。

Top of This Page